EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

IIJとA10、通信負荷を軽減するOffice 365向けのプロキシ設定自動化ソリューションを提供

  2016/11/21 14:45

 インターネットイニシアティブ(IIJ)とA10ネットワークスは、プロキシサーバのルーティングを自動化するソリューションを共同開発し、第1弾として、Microsoft Office 365の快適な利用環境を構築する「IIJクラウドプロキシ設定自動化ソリューション for Office 365」を、11月21日から提供すると発表した。

 Office 365などの企業向けクラウドサービスの利用が拡大するに伴い、クラウドサービス導入によるトラフィックが増加し、通信を中継するプロキシサーバの負荷増大が課題となっているという。また、クラウドサービスに安全にアクセスするために専用線や閉域網接続を利用する企業では、クラウドサービス向けトラフィックを専用回線に振り分けるための煩雑なルーティング設定作業の負荷も課題になっているという。

 そのような課題を解決するソリューションとして、IIJとA10は、「IIJクラウドプロキシ設定自動化ソリューション for Office 365」を新たに開発したという。

 このソリューションは、A10のアプリケーションサービスゲートウェイ機器「A10 Thunder シリーズ」のクラウドプロキシ機能を活用し、Office 365への通信経路を自動制御することで、運用の負荷軽減、プロキシサーバの負荷分散を実現する。

 「IIJクラウドエクスチェンジサービス for Microsoft」と組み合わせることで、Office 365への通信を自動的に閉域網接続に振り分けることが可能となり、より安全性の高い、安定した通信環境でOffice 365を利用できるとしている。

 「IIJクラウドプロキシ設定自動化ソリューション for Office 365」の主な特徴は次のとおり。

 ・設定作業の自動化による運用負荷の軽減

 Microsoftが公開しているOffice 365のアドレス情報が更新されるたびに、手動での設定変更作業が必要になるが、APIを活用した独自機能により煩雑な更新作業を自動化し、運用負荷を軽減。

 ・通信経路の制御によるパフォーマンスの安定化

 Office 365への通信は、既存のプロキシサーバを迂回し、別のプロキシサーバに振り分けるなど、通信の経路制御を自動で行う。Office 365によるネットワークの負荷を抑えることで、パフォーマンスの低下を防ぐとともに、プロキシサーバの増強など設備投資コストの削減を実現。また、通信経路は自動で制御されるため、端末側の設定や通信経路の変更作業も不要になる。

 

 IIJとA10は、今後、適用範囲をOffice 365以外のSaaSアプリケーションにも拡大し、生産性向上のための快適な環境を実現するソリューションを、継続して開発・提供していくとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5