SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

データ・アプリケーション、統合EDI製品「ACMSシリーズ」がAmazon RDSに対応

 最新版では、クラウド上でリレーショナルデータベースのセットアップ、運用およびスケーリングを容易に行えるマネージドサービス「Amazon Relational Database Service(Amazon RDS)」に対応し、クラウド上でEDI環境が短期間で構築できるようにし、運用の簡素化を図ったという。

 また、インターネットに対応した通信プロトコルであるebXMS MSとEDIINT AS2の送受信において、電子証明書の暗号化方式をSHA-2に対応するなど、よりセキュアなデータ交換を実現した。

 最新版では、従来型EDIからインターネットEDIへの移行作業をスムーズに進めるため、クラウド上に短期間でEDI環境が構築できるようAmazon RDSに対応した。また、国内EDIの主要な通信プロトコルの全銀TCP/IPを使っている場合なら、既存のアプリケーションを改修することなく、インターネットEDIへ移行できる通信プロトコルを既に提供している。この通信プロトコルは、全銀TCP/IP手順をSSL/TLSプロトコルで暗号化する標準仕様を利用したもので、セキュアなデータ交換を行うという。

 ACMSシリーズは、流通、金融、製造とさまざまな業界で2,000社9,000サイトを超える導入実績があり、インターネットEDIにおいても、クラウド/オンプレミスの両方でEDI環境の構築を短期間、セキュアに実現していく。

 今回の主な新機能は次のとおり。

 ・データベースのサポート:Amazon Aurora(MySQL互換)、Amazon RDS for SQL Server、Amazon RDS for Oracle、Amazon RDS for PostgreSQL、Amazon RDS for MySQL、SQL Server 2014 SP2、SQL Server 2016、PostgreSQL 9.6

 ・電子証明書のSHA-2対応:SHA-2に対応したのは、インターネット上で使われる通信手順ebXMS MSとEDIINT AS2。 ebXMS MS通信手順では、ディジタル署名を行う際の署名アルゴリズムとハッシュアルゴリズムでSHA-2をサポート、また、EDIINT AS2通信手順では、署名アルゴリズムとMICアルゴリズムでSHA-2をサポートした。

 ・その他のサポート:Microsoft JDBC Driver 6.0 for SQL Server、Tomcat 8.5

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8917 2017/02/01 09:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング