Geolocation Technologyとチェック・ポイント、製品連携によりファイアウォール設定支援ツールを提供開始:EnterpriseZine(エンタープライズジン)
Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Geolocation Technologyとチェック・ポイント、製品連携によりファイアウォール設定支援ツールを提供開始

2017/11/24 14:00

 Geolocation Technologyは、同社が提供するAPI「どこどこJP」がチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの提供するチェック・ポイント製品「R80.10」と連携し、新サービスとなるIPファイアウォールルール設定支援ツール「どこどこJP for Check Point R80」の提供を11月24日から開始することを発表した。

 Geolocation Technologyは、インターネットユーザーの位置情報や企業情報等をIPアドレスから特定するIP Geolocation技術を有している。「どこどこJP」は、IPアドレスからユーザーの地域を認識するエリアターゲティングの技術や、Webアクセス解析、金融や証券分野でのオンライン取引時における不正アクセス対策、デジタル配信される映像や音楽の著作権管理などに役立てられているという。

 今回、「どこどこJP」とチェック・ポイント社のセキュリティ対策ソフト「R80.10」との連携を実現し、利用用途の拡大と顧客層の拡大につなげていくとしている。

 このソリューションの主な提供機能は次のとおり。

 ・「どこどこ JP」のデータ項目からIPアドレスを検索できる機能で、IPアドレスリストを取得可能

 「どこどこJP」のデータ項目から、torをはじめとする匿名ネットワークや国コード、プロキシ判定フラグなどのデータから条件を指定することで、IPアドレスを検索することができまる。今後、マルウェアの通信先をはじめとするIP Threat Dataも検索可能となる予定。

 ・取得したIPアドレスリストをもとにアクセスを制御

 IPアドレスのデータを紐付けることで、さまざまな角度から“信頼できないネットワーク”を検知しアクセス制御する。

 Geolocation TechnologyのIP GeolocationデータはIPアドレスを使い、位置情報や企業情報、回線環境など100を超える情報の識別が可能だ。今後、IT業界の発展に貢献していくため、セキュリティが懸念されるIoT機器や、FinTech分野において活用できるよう、機能の拡充を図っていくとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5