Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

DTRS、「デロイト サイバーアカデミー」にイスラエルの体験型実践演習システムを活用したコースを追加

  2017/11/28 14:30

 デロイト トーマツ リスクサービス(DTRS)は、大日本印刷(DNP)と連携し、サイバーセキュリティ人材の育成プログラム「デロイト サイバーアカデミー」を拡充し、体験型実践演習システム「TAME Range」を活用したサイバーインシデントレスポンスコースを追加した。

 DTRSでは、組織の状況に合わせて必要なサイバーセキュリティ人材モデルを策定し、オーダーメードのサイバーセキュリティ人材育成トレーニングを行う「デロイト サイバーアカデミー」を提供しており、今回、サイバーインシデントレスポンスコースを追加することにした。

 サイバーインシデントレスポンスコースは基礎編と応用編があり、演習用に構築されたシステム環境を活用して、サイバーインシデント対応を実践的に学ぶことが可能だという。このコースでは、体験型実践演習システム「TAME Range」を活用し、3~4名毎のチーム制による受講を軸とし、最大5チームでの同時訓練が可能になる。

 体験型実践演習システム「TAME Range」は、 本物のサイバー攻撃を再現した攻撃シナリオで繰り返しトレーニングすることができる体験型の訓練システム。サイバーセキュリティ先進国の1つであるイスラエルのIsrael Aerospace Industriesが開発し、日本国内ではDNPが提供している。

 ■「デロイト サイバーアカデミー」に追加するコース

  • サイバーインシデントレスポンス 基礎編:サイバーインシデントレスポンスの基礎となる全体の流れをはじめとし、ログ分析や初動対応などを学ぶ
  • サイバーインシデントレスポンス 応用編:サイバーインシデントレスポンスにおける高度な攻撃に対するログ分析や対応などを学ぶ

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5