Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Box、IBMと共同開発した企業のワークフロー効率化ツール「Box Relay」を国内提供開始

  2017/12/21 15:00

 Box Japanは、企業のあらゆる業務に対応したワークフロー効率化ツール「Box Relay」を12月21日から国内で提供開始すると発表した。「Box Relay」は、BoxとIBMが初めて共同開発したもので、企業はBox内で定型的なワークフローを簡単に作成、編集、トラッキング、管理することができ、業務の効率化を実現することができるという。

 「Box Relay」の主な特徴は次のとおり。

 ・従業員の利便性を向上させ、IT部門への依存を低減

 直感的な設計で誰でも、カスタムのワークフローを構築したり、ワークフローのテンプレートカタログからワークフローを選択・編集することができる。IT部門に依頼しなくてもユーザー主導でワークフローを作成したり、編集することができるため、IT部門はワークフローのメンテナンスに多くの時間をかけずに、より重要な作業に専念することができる。

 ・「拡張されたエンタープライズ」全体でシームレスなプロセスを実現

 「Box Relay」は、Box上に構築されているため、内部と外部のチームの間でワークフローを安全に拡張することができる。顧客、ベンダー、またはパートナーにタスクを割り当てられるため、コンテンツフローが組織全体または組織間に及ぶ場合もワークフローが停滞することがない。

 ・プロジェクト管理に費やす時間を削減

 リアルタイムの可視性を実現するダッシュボード、タスクの割り当てや期限切れを警告する電子メール通知、あらゆるワークフローにおける作業の透明性を高める監査証跡によって、締め切りに遅れることや、ステータスの情報更新、レポート作成、トラッキングを心配する必要がない。途中から別のスタッフに作業を割り当てることもできるため、他のスタッフがプロセスから離れて作業できなくなってもワークフローが滞ることがない。

 ・Boxのすべてのメリットを活用

 「Box Relay」は、コンテンツ管理に使用している既存のプラットフォームに組み込まれており、ユーザーが慣れ親しんでいる特長、機能、設計と同一のものを備えている。コンテンツは、監査証跡、権限、データ保護によって、ワークフロー全体で保護される。また、Office 365、Salesforce、Adobeといったビジネスでよく使用される開発支援ツールと緊密に統合されており、あらゆる情報に関して信頼性のある単一の情報ソースを提供。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5