Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ダイレクトクラウド、オンラインストレージ「DirectCloud-BOX」で「災害対策・ディザスタリカバリ」オプションを開始

  2018/01/18 14:15

 ダイレクトクラウドは、自然災害へのリスクを低減し、BCP(事業継続計画)を重視する企業向けに、法人向けオンラインストレージ「DirectCloud-BOX」のビジネスプラン、プレミアムプランのオプションとして「災害対策・ディザスタリカバリ」を1月15日から開始した。

 「DirectCloud-BOX」では、通常ファイル保存時に物理的に区分けされた日本国内3か所のデータセンターにファイルが分散保存される。「災害対策・ディザスタリカバリ」ではさらに冗長性を高めるべく、DRサイトをシンガポールに構築している。これにより、確実なファイル保存、迅速な復旧が可能となることから、システム障害などに直面しても、安定した運用を実現するという。

 また、様々な自然災害に関してリスクの高い日本においても、より高い可用性を実現し、ファイル消失のリスクを大幅に低減、事業継続性を向上させるという。

 ■「DirectCloud-BOX」の「災害対策・ディザスタリカバリ」概要

 「DirectCloud-BOX」の「災害対策・ディザスタリカバリ」は、Amazon Web Services(AWS)の機能を利用している。企業アカウントのファイルバックアップを最小のコストで実現するとしている。

  • 初期DRサイト設定後、ストレージ領域はリアルタイムで情報が更新される。
  • DRサイトのデータベース更新は、毎日深夜~早朝の時間帯に実施。営業時間には最新の状態に更新されたファイルをダウンロード可能となる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5