Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アズジェントが脅威インテリジェンスサービスを提供、イスラエルのセキュリティ企業とパートナー契約

  2018/02/22 11:50

 株式会社アズジェントは2月21日、セキュリティ会社のインサイト・サイバー・インテリジェンス(イスラエル)とパートナー契約を締結し、同社のテクノロジーを使用した日本語対応の脅威インテリジェンスサービス「Insights Threat Inteligence サービス」の提供を3月中旬に開始すると発表した。サービス利用企業が自社の脅威となる情報を事前に受け取ることで、サイバー攻撃に備えることを目的とする。

 パートナー契約を締結した背景は、2017年の世界同時多発サイバー攻撃をはじめ、世界的に大規模なサイバー攻撃が増え続けており、2020年に東京五輪を控えた日本国内ではさらなるサイバー攻撃の増加が予測できるからという。

 脅威インテリジェンスサービスは、インターネット上で公開された情報や、検索できないサイトやハッカーフォーラムなどを含む「ダークウェブ」を対象に情報を収集。インサイト・サイバー・インテリジェンスが攻撃者の動向を調査し、攻撃の予兆などをユーザーに通知する。

 インサイト・サイバー・インテリジェンスのガイ・ニザンCEO兼共同創業者によると、「ユーザー企業ごとにカスタマイズされた脅威情報を提供できることが強み」という。ユーザーは、企業名や役員の名前、ブランド名など自社と関係のあるキーワードを登録することで、脅威情報をアラートとして受け取ることができる。また、サーフェスウェブ上の情報収集も行っているため、SNS上の悪意ある書き込みやユーザー企業を騙るフィッシングサイト、不正な類似アプリなどを早期に発見、対応することも可能となる。

インサイト・サイバー・インテリジェンス ガイ・ニザンCEO兼共同創業者

 販売価格は2カ月間の短期間ライセンスで292万円(税別)から。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5