Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

さくらインターネット、コンテナ型仮想化技術「Docker」を利用した新ホスティングサービス「Arukas」を提供開始

2018/03/26 14:45

 さくらインターネットは、米Docker社が開発するコンテナ型仮想化技術「Docker」を利用した新たなホスティングサービス「Arukas(アルカス)」を3月26日から提供開始すると発表した。

 「Docker」は、Docker社より2013年に公開されたオープンソースのコンテナ型の仮想化ソフトウエア。「Docker」で実現されるコンテナ型仮想化技術は、これまでの仮想化技術に比べ、オーバーヘッドの大幅な削減に成功し、サーバーリソースをより効率的に利用できる。また、さまざまなOSに対応しており、開発環境の整えやすさや使い勝手の良さから、世界中の開発者に広く利用されている。

 現在は「Docker」を利用している開発者により、一般的なソフトウエアが初期設定されたコンテナイメージが、Docker社公式のレポジトリ「Docker Hub」に無料で公開されている。これらを利用することで設定の手間を省き、開発者はアプリケーションの開発のみに専念することができるという。

 「Arukas」では、「Docker Hub」で共有されているコンテナイメージを利用して、簡単にコンテナインスタンスを作成/起動することができる。直感的に操作できるシンプルなコントロールパネルで、複数台のコンテナインスタンスの管理も容易に行えるほか、サービス規模の拡張に合わせてすぐにリソースを増減できるため、個人・法人問わずあらゆる規模で利用できるという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5