Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

MOTEX、スマホ・タブレット・PCをクラウドで一元管理できる「LanScope An」最新版をリリース

2018/03/27 14:45

 エムオーテックス(MOTEX)は、スマートデバイスの資産管理・セキュリティ対策・行動管理・活用分析を行うスマートデバイス管理ツール「LanScope An」の最新バージョン「Ver.3.0」を3月27日にリリースした。最新バージョンでは、従来のスマホ・タブレットに加えPCも管理できるようになる。また、管理コンソールを全面リニューアルした。

 最新バージョンの「LanScope An」では、管理対象にPCを追加した。これにより、iOS・Android・Windows・macOSをクラウドで一元管理できるようになる。また、「LanScope An」の導入・選定理由の1位である「管理コンソールの使いやすさ(42%)」をさらに追求し、管理コンソールを一新した。

 これまでの「機能別」から「目的別」のメニュー構成に変更することで、管理対象や機能が拡張されても、誰でも「直感的」に操作することができという。また、「LanScope An Ver.3.0」からの新しい機能として、管理・運用の自動化を実現する「レシピ機能」を搭載した。「レシピ機能(自動化)」はあらかじめ設定した条件がデバイスで発生したら、決められた内容を「LanScope An」から自動実行することが可能だという。

 ■「LanScope An Ver.3.0」の強化点

 1.「使いやすさ」を追求した管理コンソール

 目的達成までの導線を3Stepに統一して、シンプルな操作性を実現。開発段階から画面の操作性や導線について、複数回のユーザーレビューを実施し、ユーザーの生の声を反映させることで、「使いやすさ」を徹底的に追求。

 2. iOSログ取得による「見える化」

 iOSの操作ログとして、デバイス利用ログと電話発着信ログの取得を実現。取得した操作ログや資産情報のデータからレポートを自動作成し、デバイスや電話が本来の目的に沿って活用できているか、組織全体またはグループ単位で把握できる。

 3. 管理・運用の「自動化」

 レシピ機能では、あらかじめ設定した条件(トリガー)に一致したデバイスに対し、アプリやメッセージの配信など、指定したアクションを自動実行。デバイス管理にかかる工数を減らし、管理者がより生産性の高い仕事に集中できる環境をつくる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5