Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

エス・アンド・アイ、企業のITインフラの運用/保守をサポートする「sandi Managed Service」を提供開始

  2018/03/28 14:45

 エス・アンド・アイは、企業のインフラの運用/保守をサポートするマネージドサービス「sandi Managed Service」を4月1日からメニューを新たに提供開始すると発表した。また、それに伴い、センター機能およびサービスメニューの強化を目的に、セラクと協業し問い合わせ窓口および運用業務を担うセンター「Managed Service Center」の共同運営を開始する。

 システムの多様化や複雑化に伴い、システム運用をアウトソースする企業のニーズに応えるため、S&Iではセラクとの協業により、企業やデータセンターのITインフラ構築を通じ培ってきたS&Iの技術力と、IoTプラットフォームのサービス提供をはじめとしたセラクのセンター運用力を融合し、受付から問題判別、そして的確な対応、完了までを迅速、かつワンストップで提供するという。

 「sandi Managed Service」の特徴は次のとおり。

・受付から障害対応/運用サポートをワンストップで24時間365日提供

・マルチベンダー製品およびマルチプラットフォーム環境下における運用窓口の統合

  • ハイブリッドクラウド(オンプレミス/クラウド)環境への対応強化
  • マルチレイヤー(サーバー/ネットワーク)サポートの強化
  • 他社構築環境の運用/保守にも対応

・SEによるバックアップ/リストア/不定型作業などの提供メニュー拡充

・顧客システムの各運用サイクルの最適化や、その実行支援の提供

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5