Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

APRESIA Systems、ネットワーク管理・セキュリティー連携ソフト「AN-Tracker」がパロアルトの次世代FWと連携

2018/04/13 14:00

 APRESIA Systemsは、ネットワーク管理・セキュリティー連携用ソフトウェア「AN-Tracker」の最新バージョン1.03.01において、セキュリティ連携機能を強化し、4月13日にリリースしたことを発表した。

 最新版では、セキュリティ製品との連携用インターフェースとして、REST APIに加え、新たに汎用的なSyslogインターフェースをサポートする。この機能強化により、パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォールとの連携をサポートし、感染端末の自動隔離ソリューションを提供する。

 「AN-Tracker」は、セキュリティ製品と連携し、動的なネットワークのアクセス制御が可能なソフトウェア製品になる。また、従来のネットワーク技術を使用するため、ネットワークインフラを大きく変更せずにネットワーク制御の自動化や運用効率化を実現するという。

 パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォールは、アプリケーション、ユーザー、コンテンツ、デバイスに基づいて、あらゆるネットワークトラフィックに対する可視性を提供する。また侵入防御(IPS)やアンチウィルス、アンチスパイウェア等の防御機能、未知の脅威に対するクラウド脅威解析WildFireサービスにより、最新の脅威から防御するという。

 「AN-Tracker」のネットワーク制御機能と、パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォールによる未知・既知の脅威検知を連携することで、サイバー攻撃を検知した際に自動で感染端末を隔離する。マルウェア感染等の被害にあった場合でも、迅速にネットワークから不正な端末を隔離することで、感染の拡大や二次被害を防止する。

 パロアルトネットワークスとの連携ソリューションの特徴は次とおり。

  • 次世代ファイアウォールがC&Cサーバーなど外部との不正な通信を検出しブロック。またその検知ログをSyslogでAN-Trackerへ送信。
  • AN-Trackerは受信した検知ログ(Syslog)から感染端末のIPアドレスを抽出し、またネットワーク上からデバイス情報(MACアドレス、 接続されているエッジスイッチ/ポート番号)を検索。デバイス特定後に感染端末からの通信を遮断するフィルタをエッジスイッチに設定。
  • AN-Trackerは、実行結果をIT管理者へメールで通知。フィルタ内容および実行結果、また隔離のトリガーとなった次世代ファイアウォールの検知ログ情報をメールで送信。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5