Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

シトリックスとレノボ、Nutanix Acropolis HypervisorとXenDesktopによるvGPU VDIソリューション販売で協業

2018/04/17 16:00

 シトリックス・システムズ・ジャパン、レノボ・エンタープライズ・ソリューションズの両社は、レノボのNutanixアプライアンス製品「Lenovo ThinkAgile HXシリーズ」上で稼働する無償の仮想化ソフトAcropolis Hypervisor(AHV)とシトリックスが提供するXenDesktopを組み合わせた価格性能比の高い先進的なvGPU VDIソリューションの検証を完了し、このソリューションの販売に向けた協業を開始すると発表した。

 レノボでは、従来からGPU仮想化技術を活用したCAD on VDIのソリューション事業を製造業、建設業を中心に積極的に展開してきている。こうしたCAD on VDIのソリューションに加え、新世代の仮想基盤として、ハイパー・コンバージド・インフラストラクチャー(HCI)の市場が大きく伸長しており、その代表的な活用例が仮想デスクトップソリューション(VDI)になる。

 一方で、Microsoft Windows 10をゲストOSとして利用すると、Windows 7やそれ以前のWindowsと比較して、仮想マシンのCPU負荷が高くなる傾向があるといわれている。それは、Windows 10がローカルPC上のGPU利用を前提として作られており、Office 2016やWebブラウザ等の一般的なアプリケーションもGPUを利用するアーキテクチャーになっているためで、これに対応すべく、両社共同で、Nutanix AHVとXenDesktopによる先進的なvGPU VDIリファレンス・アーキテクチャーを開発した。

 Nutanix AOSの最新リリース5.5では、Nutanixの独自ハイパーバイザーであるAHVの大幅な機能強化に伴い、AHVがNVIDIA GPUに対応しvGPUをサポートする。これにより、Windows 10のVDI化で高まる可能性のあるCPU負荷をGPUへオフロードすることで、快適なVDI環境を比較的低コストで構築可能になるという。

 今回実施した動作検証に基づき推奨構成を策定して、レノボのリファレンス・アーキテクチャー・サイト「太鼓判シリーズ」としてWEBで公開を開始した。また、レノボからThinkAgile HXシリーズのGPU搭載モデルと共に、NVIDIA GRIDソフトウェア・ライセンスをワンストップで提供するという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5