Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日立システムズ、Azure Stackの導入から保守までを支援する「Azure Stack 導入・運用サービス」を販売開始

2018/06/13 15:00

 日立システムズは、ハイブリッドクラウド環境の実現を支援するサービスの1つとして、日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」と一貫性のあるアプリケーション開発・運用プラットフォームを、プライベートな環境に導入して利用できる「Azure Stack」の導入から監視・運用、保守までをトータルに支援する「Azure Stack 導入・運用サービス」を6月13日から販売すると発表した。

 Azure Stackは、Microsoft Azureの主要機能を自社環境に導入可能なアプライアンス製品(マイクロソフト社のソフトウェアと対応ハードウェアをセットにした製品)になる。Azure Stackは、Microsoft Azureと組み合わせて利用することを前提に設計されているため、Microsoft Azureと一貫性のある機能、操作性を持ち、共通のアプリケーションを稼働させることが可能になる。

 「Azure Stack 導入・運用サービス」は、企業の拠点や日立システムズのデータセンターなど、設置場所や提供方法が異なる3種類の提供タイプから、要望にあった形でAzure Stack導入を支援するとともに、その後の監視・運用、保守までをサポートすることで、Azure Stackを活用したプライベートクラウドの構築をトータルに支援するという。

 また、日立システムズは、Microsoft Azureの安定運用を支援するリモート監視・運用などの関連サービスを提供しており、要望に応じて「Azure Stack 導入・運用サービス」とMicrosoft Azureの関連サービスを組み合わせたワンストップな月額サービスとして提供可能だという。

 顧客企業は、「Azure Stack 導入・運用サービス」により、パブリッククラウドとプライベートクラウドが混在するハイブリッドクラウド環境においても、一貫性のある開発・運用管理を実現できるようになり、開発・運用コストの低減が可能になる。さらに、Microsoft Azureの関連サービスを組み合わせて活用することで、業務効率化や運用コストの低減が可能になるとしている。

サービスの概要

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5