Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NTT Com、GCPを活用したハイブリッドクラウドによるセキュアなデータ分析ソリューションを提供開始

2018/06/20 15:45

 NTTコミュニケーションズは、2017年6月よりGoogleと開始した協力体制に基づき、NTT Comの企業向けクラウドサービス「Enterprise Cloud(ECL)」およびデータセンターサービス「Nexcenter」と、Googleのクラウドサービス「Google Cloud Platform(GCP)」を組み合わせたデータ分析ソリューションの提供を6月20日から開始すると発表した。

 このソリューションでは、NTT ComがECLやNexcenterに加え、GCPも一元的に提供する。これにより、セキュアな環境において、企業の重要なデータをECLやNexcenterに蓄積し、対象データのみを GCPに流通させ、GCPの機械学習などの先進的なテクノロジーを活用して分析することが可能になるという。

ソリューションの特徴

ソリューションのイメージ

 1. ECLやNexcenterにデータをセキュアに蓄積

 NTT Comが業界最高水準の高信頼な設備・運用基準で提供するECLやNexcenterに、重要なデータをセキュアに蓄積。また、GCPへ流通させるデータについてETL(Extract Transform Load)を用いた加工や秘匿化を実施。

 2. SD-Exchangeなどを用いたプライベート接続でデータをGCPにセキュアに流通

 Google Cloud Partner Interconnectの機能を活用し、NTT Comがクラウド・コロケーション接続サービス「Software Defined Exchange Service(SD-Exchange)」を提供。これにより、GCPとECL/Nexcenter間の最大1Gbpsでのプライベート接続が実現し、データのセキュアな流通が可能となる。加えて、Google Cloud Dedicated Interconnectの機能を活用して、NTT Comが GCPとNexcenter間を10Gpbsでプライベート接続するメニューも提供。

 3. GCPの機械学習を活用してデータを分析

 Googleが持つビッグデータを駆使した機械学習済みモデルやデータマネジメントツールなどを活用できる。NTT Comが用途に合わせてコンサルティングし、またGoogleの暗号化機能を利用することで、セキュアで最適なデータ分析を行うことができる。

 4. Enterprise Cloud Monitoring Logsによりシステムのサーバーログを可視化

 NTT Comが、GCPのロギングサービス「Enterprise Cloud Monitoring Logs」を提供。これにより、ECLで運用するシステムのサーバーログを可視化、分析することが可能となり、システム全体の運用管理稼働を軽減できる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5