Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

【イベント】本の文化を記憶する。神保町アーカイブは可能か? 仲俣暁生×高野明彦

2018/07/13 19:00

 8月2日、東京・神田「神保町ブックセンター」で国立情報学研究所 高野明彦氏と仲俣暁生氏の対談イベントが開催される。本や地域についてテクノロジーによるアーカイブや可視化の方法について紹介し、「文化の記憶」について探る内容となる。

 


「本の文化を記憶する。神保町アーカイブは可能か?」

『数理的発想法』 発行記念
仲俣暁生 × 高野明彦 トークライブ

2018年8月2日(木)19:00〜20:40 神保町ブックセンター

参加料:2,000円(1ドリンク付) 申込みページはこちら(peatix)


 批評家・編集者の仲俣暁生氏による対談集『数理的発想法』(翔泳社)発刊を記念して著者、著者の仲俣氏と国立情報学研究所 高野明彦氏との対談イベントを開催します。

 国立情報学研究所教授として、文化財や書籍を中心にアーカイブとその検索技術を開発している高野明彦氏は、『数理的発想法』の中でもインタビュー相手として登場しています。

 既存のネット空間や電子書籍では得られない、有機的な<本>や<街>の体験と活用の仕方を、高野氏の長年の研究と実制作の成果である「ヴァーチャルな本棚」「神保町という街のアーカイブ」などを素材に語ります。


19:00〜20:30
クロストーク : 高野明彦氏 × 仲俣暁生氏
「本の文化を記憶する。神保町アーカイブは可能か?」


20:30〜20:40
Q&A サイン会

申込みはこちら(peatix)

仲俣暁生氏/高野明彦氏

高野明彦
国立情報学研究所教授

新潟生まれ、神奈川育ち。東京大学数学科卒。博士(理学)。電機メーカーに20年間勤務の後、2001年より現職。2002年より東京大学大学院コンピュータ科学専攻教授併任。NPO連想出版理事長。専門は関数プログラミング、プログラム変換、連想情報学。研究成果を活用して、Webcat Plus、新書マップ、想-IMAGINE Book Search、BOOK TOWN じんぼう、文化遺産オンライン、TIMEMAPなどの公開サービスを展開している。

仲俣暁生
フリー編集者、「マガジン航」編集発行人
1964年、東京都生まれ。フリー編集者、文筆家。「シティロード」「(1994年創刊の第一期)ワイアード日本版」「季刊・本とコンピュータ」などの編集部を経て、2009年にボイジャーと「本と出版の未来」を取材し報告するウェブ雑誌「マガジン航」を創刊。2015年より編集発行人となる。著書『再起動せよと雑誌はいう』(京阪神エルマガジン社)、『極西文学論』(晶文社)、共著『編集進化論』(フィルムアート社)、『数理的発想法―“リケイ”の仕事人12人に訊いた世界のとらえかた、かかわりかた』(翔泳社)。 「マガジン航」主宰

数理的発想法

Amazon

数理的発想法
“リケイ”の仕事人12人に訊いた世界のとらえかた、かかわりかた

著者:仲俣暁生
価格:2,160円(税込)

本書のポイント

「野生の研究者」「弱いロボット開発者」「科学者を描く漫画家」など、“リケイ”の仕事にかかわる専門家たちの発想法に迫るインタビュー集。さまざまな分野から、研究者、技術者、プログラマー、小説家、漫画家、メディアアーティストの12人が登場。

 



著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

バックナンバー

連載:EZ Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5