Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

キヤノンITS、IT資産の脆弱性を検出・管理する自動脆弱性検査アプライアンス製品「beSECURE II」を発表

2018/07/27 14:00

 キヤノンITソリューションズは、米Beyond Security社が開発した、企業内に存在するIT資産の脆弱性を自動で検出・管理するアプライアンス「beSECURE II」を8月27日から販売開始すると発表した。

 「beSECURE II」は、Beyond Securityが開発した、プラットフォームおよびWebアプリケーションの脆弱性検査アプライアンス。企業内に存在するサーバー、PC、ネットワーク機器、Webアプリケーション等の脆弱性を、迅速かつ自動で検出・管理することが可能だという。

「beSECURE II」の特徴

 ・脆弱性の自動検査:ネットワークに接続しているIPアドレスを持つIT資産に対して定期的に検査を実施。 検査は日次、週次、月次、ユーザーニーズに合わせて設定が可能。

 ・設置・設定、運用が容易なアプライアンス:「beSECURE II」本体に機能をプリインストールしているため、設置・設定から検査開始まで短時間で可能。また、脆弱性データベースは毎日自動で更新される。

 ・完結型アプライアンス:「beSECURE II」は、脆弱性の検査と管理が1台で可能。かつ検査した脆弱性情報を外部に送信することもなく安全。

 ・エージェント不要:脆弱性の検査対象となるIT資産にエージェントのインストールは不要。

 ・実用的なレポート生成機能:脆弱性の危険度、影響の可能性、推奨する解決策、各種ソフトウェアベンダーへのリンクが含まれる。また、検査結果はHTML、PDF、XML、CSVで抽出可能。

 ・各種規格に対応:PCI、ISO、CIS、SOX、HIPAAおよびその他のコンプライアンス要件に対応。 要件に応じたレポートの抽出が可能。

「beSECUREII」の構成イメージ

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5