Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

キヤノンITS、総合情報漏えい対策「GUARDIANWALLシリーズ」のWebファミリーとMailファミリーに新バージョン

2018/08/01 14:00

 キヤノンITソリューションズは、総合情報漏えい対策ソリューション「GUARDIANWALLシリーズ」のWebフィルタリングソリューション「GUARDIANWALL Webファミリー」と、メールフィルタリングソリューション「GUARDIANWALL Mailファミリー」の新バージョンを、8月1日から提供すると発表した。

 「GUARDIANWALLシリーズ」は、外部からの標的型攻撃など最新の脅威対策に加え、内部からのWebやメールを通じた情報漏えいを防ぐセキュリティソリューションシリーズ。

「GUARDIANWALL Webファミリー」

 「GUARDIANWALL Webファミリー」は、フィッシングやマルウェア配布などの危険なサイトや、業務上不要なサイトへのアクセス制御に加え、WebメールやSNSを通じて外部へ送信される情報(ファイル内のテキスト情報を含む)の検査により、Webからの情報漏えいを防ぐソリューションになる。

 新バージョンでは、自らSSLデコードを行う構成に加え、既存のネットワーク構成はそのままにプロキシ製品と連携し、Webフィルタリングを実現する構成(ICAPサーバー構成)に対応した。後者の構成では、プロキシ製品側でSSLデコードを行うことで、「GUARDIANWALL Webファミリー」はデコードされたWeb通信の検査が可能になる。

 今回の機能強化により、必要となる機器の台数を抑えた効率的なSSLデコードが可能となり、さらに強化されたクラウドサービス検査機能で通信の中身も検査し、止めるべき通信を厳密にブロックすることで、常時SSL化時代におけるWebからの情報漏えい対策を実現するとしている。

 ■「GUARDIANWALL Webファミリー」の主要機能強化項目

  • シマンテック社 ProxySG(旧Blue Coat)などプロキシ製品との連携に対応、柔軟な導入構成を実現
  • Office 365メール経由の情報漏えいも厳密にブロック
  • 上位プロキシ選択機能強化により、複雑なネットワーク環境への導入も容易に

「GUARDIANWALL Mailファミリー」

 「GUARDIANWALL Mailファミリー」の新バージョンでは、類似ドメインからの送信メールを検知し、ビジネスメール詐欺(BEC)対策が実現した。 また、アーカイブ対象のメールを条件により指定することが可能になり、GDPR対策としても有効になるという。

 ■「GUARDIANWALL Mailファミリー」の主要機能強化項目

  • 類似ドメイン送信メールを検知し、ビジネスメール詐欺(BEC)対策を実現
  • GDPR対策にも有効、アーカイブ対象とするメールの条件指定に対応
  • 添付ファイル暗号化機能の利便性を向上
  • システム管理者向け運用支援機能を強化

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5