Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

RPAテクノロジーズとコージェントラボ、RPAソリューションとAI OCR「Tegaki」を連携させたサービスを提供

2018/09/06 15:30

 RPAテクノロジーズとコージェントラボは業務提携し、RPAテクノロジーズが提供するRPAクラウドプラットフォームサービス「BizRobo! DX Cloud」で、RPAソリューション「Basic Robo!」と、コージェントラボが提供するAI(人工知能)を活用した手書き文字認識(OCR)技術「Tegaki」が連携したサービスを9月6日から提供を開始すると発表した。

 今回の連携により、日本企業に多く残る膨大な紙を使ったデータの入力、変更や集計、加工等の書類業務を代行する、RPAとAI OCRを組み合わせたデジタルレイバーの高度化を実現するという。

 これまでは、申込書やアンケート等、活字・手書きデータを処理したい場合、高額な専用のOCRツールを購入する必要があり、さらに精度について課題があった。しかし、今回の連携により、「BizRobo! DX Cloud」を使用しているユーザーは、「Tegaki」オプションを利用することによって、1体のデジタルレイバーでPDFやTIFF等の画像データ内の手書き文字をすばやく高精度で自動認識し、99.22%に達する高い識字率でデータ化、システム連携することが可能になるという。そのため、今まで費用対効果で諦めていたユーザーや、枚数の少ないユーザーでも利用しやすい料金体系になったという。

BizRobo! DX CloudのTegakiオプションのサービス内容

 1. PDFファイルの読込・ファイル変換

  • あらかじめ指定したフォルダに配置された対象帳票ファイル(PDF)を読み込み。
  • PDFファイルをJPG(PNG)ファイルへ変換。

 2. アカウント認証&帳票ファイル送信と問合わせKEYの受信

  • ユーザーアカウントとアカウントに紐づくAPIキーおよび対象帳票ファイル(JPGまたはPNGファイル)をキーに、Cogent側のAPIサービスを呼び出す。
  • Cogent側クラウドサーバへの受付が完了したタイミングで、Cogent側から問合せKEYが返される。

 3. OCR変換後データの受取・データ出力

  • 2で取得した問合せKEYを使用して、OCR変換が完了したかどうかを、APIサービスを呼び出し、定期的に完了チェックを実施。(この間、ロボットはWait状態)
  • Cogent側でのOCR変換処理が完了したタイミングでロボットが継続処理を行い、取得したOCR結果を出力。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5