Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Dell EMC、モジュラー型インフラストラクチャ「Dell EMC PowerEdge MX」を提供開始

2018/09/12 19:00

 デルとEMCジャパンは、モジュラー型インフラストラクチャ「Dell EMC PowerEdge MX」を、9月13日から提供開始すると発表した。「PowerEdge MX」は、多岐にわたるデータセンターワークロードをサポートするように設計され、今後登場するさまざまな新しいテクノロジーとサーバーの細分化にも順応する、初のモジュラー型インフラストラクチャを提供するという。

 「PowerEdge MX」により、ユニークなキネティック(構造の完全性を低下させずに変化に対応する設計)インフラストラクチャによって、導入企業は、テクノロジーのサイロ化が生む限界と、時間を浪費するルーチンな運用管理から解放されるとともに、コンピュートリソース、ストレージリソース、ネットワークリソースなどを動的に割り当て、異なるアプリケーションのワークロードに適合できるようになるという。

キネティックインフラストラクチャを基盤に設計

 「PowerEdge MX」のエコシステムには、新たに設計したシャーシおよび高精度にサイジングしたサーバーとストレージのリソースブロックが含まれ、スマートI/Oファブリックを通じてインフラストラクチャに接続する。

 ソフトウェアデファインドデータセンター向けに設計されており、高密度な仮想化やソフトウェアデファインドストレージ、ソフトウェアデファインドネットワーク、AI、ビッグデータなどに適している。

 また、最新の低レイテンシNVMeドライブおよびネイティブ25GbEコネクティビティに対応しているため、企業は自社固有の要件に合わせてコンピュート、ストレージの構成をカスタマイズできる。ITリソースの共有プールを活用して、変化するニーズに対応することが可能になるため、オーバープロビジョニングや無駄なリソース確保は抑制され、パフォーマンスとコスト効率を最適化することができる。

 キネティックインフラストラクチャという概念で設計された「PowerEdge MX」は、シャーシ内にファブリックミッドプレーンを持たず、コンピュートとI/Oモジュールは直接接続される。導入後のテクノロジーアップグレードのために、業務停止やITサービスの中断を伴うミッドプレーンの交換は必要ない。

 このアプローチを基盤に「PowerEdge MX」は将来、ストレージクラス メモリー、GPU、FPGAなどメモリー中心のデバイスを含むコンポーネントのプール化をサポートし、完全なコンポーザビリティを提供するとしている。

さまざまなモジュラーを柔軟にカスタマイズ可能

 ・Dell EMC PowerEdge MX7000シャーシ

 複数のサーバー プロセッサー世代のサポート、エンドツーエンドのライフサイクル管理を実現し、全コンポーネントの統一インターフェイスで効率的なハードウェア基盤を提供。企業はITのメンテナンスではなく、ビジネスの優先事項に集中できるようになる。7Uシャーシにさまざまなコンピュートとストレージの組み合わせをサポートするベイが8つ用意されている。

 ・Dell EMC PowerEdge MX740cおよびMX840cコンピュートスレッド

 シングルワイド2ソケットサーバーのMX740cおよびダブルワイド4ソケットサーバーのMX840cが、インテルXeonスケーラブルプロセッサーファミリーをフルサポートして妥協のないコンピュート環境を提供。「MX740c」は業界で唯一、シングルワイド、2ソケットのモジュラー型サーバーで、5インチNVMe、SAS、SATA ドライブを最大6本までハウジング/ティアリングできる。「MX840c」は、最大8ドライブまでハウジング/ティアリングできる。

 ・Dell EMC PowerEdge MX5016sストレージスレッド

 最大16本のホットプラグSAS HDDを搭載可能。最大7台の「MX5016s」スレッドがMX7000シャーシでサポートされる(シャーシあたり最大でDAS(直接接続ストレージ)を112本)。ドライブはデバイス単位でサーバーへ個別にマッピングできるので、ユースケースごとに、求められる最適なストレージ比率を実現できる。

 ・Dell EMC PowerEdge MXイーサネットおよびファイバーチャネルスイッチングモジュール

 マルチシャーシ環境向けの低レイテンシ、高帯域幅のスイッチング モジュール。トポロジーのコンプライアンス適合自動確認、QoS自動化、自己修復などの機能を提供。「PowerEdge MX」は、エンドツーエンドの25Gbps Ethernet(GbE)と32Gbpsファイバーチャネルホスト接続を提供する、業界初のモジュラー型インフラストラクチャ。100GbEおよび32Gファイバーチャネル アップリンクとともに実装することで、スイッチングレイテンシを最大55%減らすことができる。

 「PowerEdge MX」では、「Dell EMC OpenManage Enterprise Modular エディション」をはじめとする、包括的なシステム管理機能が活用できる。「OpenManage Enterprise Modularエディション」はMX7000シャーシに含まれ、複数のシャーシを網羅する形ですべての「PowerEdge MX」コンポーネントを一元的に管理できるだけでなく、変更やテンプレートの迅速なロールアウトが可能。また、ラック型サーバーや他のモジュラー型ソリューションを単一インターフェイスで管理することもできる。

 この製品のサポートには、24時間年中無休の対応や専任のテクノロジーサービスマネージャーが直接対応することで障害復旧時間を飛躍的に短くすることができる「ProSupport Plus」も用意されている。

5つのイニシアチブによる国内の「PowerEdge MX」販売施策

 1.「キネティック インフラストラクチャ検証センター」の設立:PoC、機能検証、性能測定などの検証設備をカスタマーソリューションセンター内に9月12日に開設

 2. 社内エキスパート育成プログラムの実施:「マスター称号制」を導入したモジュラー型インフラのエキスパート育成プログラムを展開中

 3. 包括的な導入支援サービスを「ProDeploy Plus」として提供開始(デリバリ体制構築済み):導入前のヒアリングから、導入完了までを専任のプロジェクトマネージャーがサポート。さらに導入後30日間の設定サポートも提供

 4.「ゼロ金利ファイナンス」プログラム(近日提供開始):CAPEXでなくOPEXでの「PowerEdge MX」新規導入を支援する、デルファイナンシャルサービスのプログラム

 5. 技術パートナーエコシステム強化と認知向上イニシアチブ「Did You Know?」キャンペーン:テクノロジーパートナー各社(ハードウェアおよびソフトウェア)に国内での早期検証体制構築

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5