Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ネオアクシス、Notesのデータ資産移行ツールSharePoint Online向け「Notes Data Converter」を発売

2018/09/13 15:00

 ネオアクシスは、日本アイ・ビー・エムのIBM Notes/Domino(Notes)上にあるデータ資産を、日本マイクロソフトのSharePoint Onlineへ移行するツール、SharePoint Online向け「Notes Data Converter」を9月13日から提供開始すると発表した。

 SharePoint Online向け「Notes Data Converter」は、移行対象となるアプリケーションを限定せず、NotesからSharePoint Online上の各種アプリケーションへ円滑にデータ移行を実現するという。Notes上の文書データや添付ファイルだけではなく、文書データの更新者情報・閲覧権限などの情報も移行が可能となる。

 ネオアクシスは、20年以上にわたり、Notesを中心としたグループウェアなどのコミュニケーション基盤を数多くの提供し、6月にはNTTデータイントラマート社のintra-mart向け「Notes Data Converter」の販売を開始している。

 コミュニケーション手段が多様化する中で、機能別に複数の製品やクラウドサービスを組み合わせる企業も多くあり、そのようなIT環境に対応するため、今回、移行ツールの第2弾として、SharePoint Online向け「Notes Data Converter」を提供することになったという。

SharePoint Online向け「Notes Data Converter」の特徴

 ・文書データの閲覧権限の移行も可能

 従来のデータ移行ツールでは、閲覧権限は再現できず、移行したデータの全てが閲覧可能な状態になってしまうため、閲覧権限の再設定が必要となる。SharePoint Online向け「Notes Data Converter」では、閲覧権限であるNotesの「読者フィールド」も、SharePoint Onlineへ移行することが可能なため、閲覧権限を再設定することなく、Notesの閲覧権限を保持したままデータを移行できる。

 ・移行元と移行先のアプリケーションを限定しないデータ移行が可能

 従来のデータ移行ツールでは、標準的なアプリケーション以外は移行対象外とするものが多くあった。ネオアクシスのSharePoint Online向け「Notes Data Converter」は、Notesアプリケーションの「フィールド名」を自動解析し、その情報をSharePoint Onlineアプリケーションの「列名」に、プルダウンメニューから選択することで、マッピングが可能です。これにより、移行元と移行先のアプリケーションを限定せずにデータ移行を行うことができる。

 ・移行作業時間を約90%削減

 SharePoint Online向け「Notes Data Converter」を利用することで、手作業によるデータ移行の作業時間と比べ、約90%の作業工数の削減を実現できる。

 なお、オフィス家具を提供するオカムラがSharePoint Online向け「Notes Data Converter」の利用を開始しているという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5