Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NEC、リアルタイム学習AIにより帳票定義不要で文字入力作業を効率化する「NEC AI-OCRサービス」を提供開始

2018/11/27 15:30

 NECは、紙面の文字情報を読み取るOCR(Optical Character Reader)にAIを活用 した「NEC AI-OCRサービス」を、2019年3月から提供開始すると発表した。

 「NEC AI-OCRサービス」は、AIを活用したNEC独自の「インタラクティブ学習方式 」により、従来通り帳票データを文字入力するだけで帳票書式(読み取り位置や項目)をリアルタイムに機械学習し、帳票内の文字データを自動で読み取ることが可能になったという。

 帳票の読み取り設定が不要となるため、取り扱う帳票書式が多くOCRを導入できていない企業や、OCRを導入済みでも帳票書式設定作業に不満がある企業で、効果的な活用が期待できる。

 また、学習した帳票書式データはシステム全体で共有可能なため、複数作業者による効率的な作業も可能。このサービスで伝票処理業務の効果検証を行ったところ、人がすべてデータ入力した場合と比べ帳票入力作業時間を75%効率化した。なお、サービスの正式な提供開始に先立ち、一定期間利用可能な試験環境を、12月から提供予定。

「NEC AI-OCRサービス」の特徴

 1. AIの活用で特別なスキル無しで多種多様な帳票が読み取り可能

 従来型のOCRでは読み取り専用の帳票書式を用いる必要があるため、定義されていない帳票を読み込むためには、OCR特有の設定ツールを使いこなすことができる熟練した担当者がその都度帳票定義をする必要があり、多種多様な帳票を定義するには多くの時間と労力がかかっていた。

 この製品では、NECが開発した「インタラクティブ学習方式」によって、入力された文字の位置と項目をAI(機械学習)がリアルタイムに自動学習・認識するため、事前の帳票書式の定義が不要となり、文字の入力を行っていくだけで同一帳票の自動読み取りが可能となる。取引先などで発行された様々な種類の帳票もそのまま効率的に読み取ることができる。

 また、個々の端末で学習した帳票書式データは、システム全体で共有できるため、複数の作業者による効率的な入力作業が可能となるほか、個々の入力作業で学習結果を向上させていくことで、入力作業を継続的に効率化できる。

 2. データ入力作業時間を大幅に削減可能

 帳票データの文字入力作業を進めることで、AIにより効率的に読み取ることができるため、入力作業時間の効率化が図ることができる。この製品を使って、納品書等のデータ入力業務で効果検証を行ったところ、1か月あたりの帳票データ入力作業時間を、人が全項目データ入力した場合と比較し、75%効率化した。

 3. RPAソリューション「NEC Software Robot Solution」との連携も可能

 NEC AI-OCRサービスとRPAを組み合わせて効果的に利用することで、納品処理や請求書処理など、従来効率化が難しく手作業で行っていた、予め定義できない複数の帳票書式を取り扱う業務においても効率化を進めることが可能。

 NECのRPAソリューション「NEC Software Robot Solution」と連携することで、例えば、複数書式を取り扱う納品業務では、このサービスで読み取った納品書データを発注システムのデータと突合し、納品処理業務を自動化できる。

 4. 試用環境の提供

 2019年3月からの正式提供前にこのサービスが体験可能な試用環境を12月から提供。貸出用パソコンを最大1か月間利用することで、導入を事前に検証することができる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5