Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アクロニス、セキュリティ・オペレーション・センター(SOC)をシンガポールに開設

  2018/11/29 13:15

 アクロニスは、顧客のデータおよびシステム保護のため、24時間365日体制でサイバー脅威インテリジェンスの収集・分析を行うため、シンガポールにセキュリティ・オペレーション・センター(SOC)を開設したことを発表した。

 アクロニスは、SOCのグローバルネットワークを確立するために、研究開発(R&D)センターをアジア、ヨーロッパ、北米に拡大している。ヨーロッパのR&Dセンターとしては、今年、ブルガリアに新たにオフィスを開設した。今後3年間で5,000万ドルを投資し、300人のエンジニアを雇用する計画だという。北米では、アリゾナオフィスにR&Dセンターを新たに開設、今後3年間で2,000万ドルを投資し、100人の人員を追加する予定だ。

 これらの施設は、世界中のデータ保護環境を監視し、アクロニスの500人を超えるエンジニアが最新の脅威に取り組むことを手助けしている。アクロニスのエキスパートは、戦略的に反映されたネットワークによって、脅威を24時間365日監視し、サイバープロテクション、AI、ブロックチェーンベースの技術を継続的に開発することができるという。

 活動の成果は、Acronis Active Protectionの機械学習モデルや、先日リリースされたAcronis True Image 2019 Cyber Protectionなどの製品のアップデートにも反映されている。

 先進的なテクノロジーを備えたセンターは、サイバープロテクションの5つのベクトルであり、開発の取り組みの基盤となる、「安全性(Safety)」「アクセシビリティ(Accessibility)」「Privacy(プライバシー)」「Authenticity(真正性)」「セキュリティ(Security)」に対処するための情報と知見をもたらすとともに、これらを保証するものだとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5