Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

HPE、中小・中堅企業向けにセキュリティ対応を強化した最新サーバー2機種と導入支援策を発表

2018/11/29 14:15

 日本ヒューレット・パッカードは、将来を見据えたセキュリティ対策を標準装備した、中堅・中小企業向けのサーバー製品を発表した。また、システム導入検討を支援するオンライン構成支援ツールやキャンペーンといった中小・中堅企業向けの支援策をあわせて発表した。

「シリコンレベルの信頼性」を備えたHPE Gen10サーバーのエントリーモデル2機種

 中小・中堅企業向けの新しいラインアップとして、コンパクトタワー型サーバー「ML30」とコンパクトラック型サーバー「DL20」の2機種を発表。新製品は、「HPE Gen10」サーバー共通の管理チップ iLO 5による「HPE Silicon Root of Trust」を標準装備している。これにより、OS稼働中にも動作を止めることなくファームウェアの改ざんを検知し、修正するセキュリティ機能を提供するという。

 ・「HPE ProLiant ML30 Gen10」サーバー

 コンパクトな筐体にエンタープライズクラスの機能を備えたタワー型サーバー。中小企業、リモートオフィス、ブランチオフィスに、手ごろな価格で、信頼性、セキュリティ、管理性を提供する高性能サーバーになる。

 このサーバーは、ファイルサーバー、仮想化、および多機能ユースケースの実行に最適だという。また、「ML30 Gen10」環境対応も強化しており、40℃、45℃での稼働をサポートすることによる消費電力低減(ASHRAE A3、A4準拠)を実現し、節電対策にも寄与する。

 ・「HPE ProLiant DL20 Gen10」サーバー

 奥行き42cmとラック型サーバーとして最小筐体ながら、90TB SSDストレージを搭載し拡張性にも優れている。また、冗長電源、RAIDなど十分な可用性を備えており、Webサーバー、中小規模のデータセンター、エッジサーバー、さらに組み込み用途にも適している。

 「DL20 Gen10」環境対応も強化しており、40℃、45℃での稼働をサポートすることによる消費電力低減(ASHRAE A3、A4準拠)を実現し、節電対策にも寄与する。

中小・中堅企業のサーバー導入検討を後押しする支援策

 2020年1月に迫ったMicrosoft Windows Server 2008のサポート終了や、さらに高度化するシステム要件、増大するキュリティリスクといった様々な課題への対応は中小・中堅企業にとっても重要。日本ヒューレット・パッカードは、中小・中堅企業の最新のITシステム導入を後押しする支援策の提供を通じて、ITを活用したビジネスの発展に寄与する。

 ・オンライン構成支援ツール 「iQuote」の提供を開始

 中小・中堅企業向けのサーバー、ストレージ、ネットワーク、サービス&サポート製品を掲載したオンラインツール「iQuote(アイクォート)」は、直感的に操作できる分かりやすいGUIで、システムの選定や見積取得を容易にする。

 ・期間限定の特別価格キャンペーンを開始

 「HPE Gen10」サーバーを期間限定の最大30%引きの特別価格で提供するキャンペーンを、2018年12月3日から2019年3月29日まで実施。日本ヒューレット・パッカードのオンラインストアHPE DirectPlusでもキャンペーンを実施。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5