Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Dell EMC、AI活用を促進するパッケージソリューション「Ready Solutions for AI」と関連サービスを提供開始

2018/12/04 14:15

 デルとEMCジャパンは、AI(人工知能)対応のパッケージソリューション「Dell EMC Ready Solutions for AI」を12月4日から提供開始するとともに、ビッグデータ・AI関連のコンサルティングサービスを発表した。

新しい2種類のパッケージソリューション

 AI導入を簡素化し、より迅速にビッグデータ分析環境の構築を実現する「Ready Solutions for AI」において、2種類のパッケージソリューション「Deep Learning with NVIDIA」と「Machine Learning with Hadoop」を提供する。

 AIに最適化されたシステム設計および検証済みのAIフレームワークやライブラリを含むソフトウェアパッケージの活用により、IT部門が個別に機器の調査、選定に対応していた従来の形から大幅な効率化を実現するという。

 また、同時に提供される、導入、保守サポート、データサイエンティスト教育を含むDell EMCのサービスポートフォリオが、AI活用の効率化、活用範囲の拡大に寄与するという。

「Ready Solutions for AI」の主な特徴

 1. AI環境構築の簡素化

  • AI環境の稼働までの時間を6~12か月短縮し、データサイエンティストの生産性を最大30%向上
  • AIライブラリとフレームワークを包括的に管理するセルフサービス機能を提供

 2. AIに最適化されたハイパフォーマンス設計

  • 分散型、高スケーラビリティー アーキテクチャーによりハイパフォーマンスを体験
  • 「Dell EMC Isilon」のAll-Flashスケールアウト設計により、大規模なデータセットにすばやくアクセスし、競合他社と比較して1つのクラスターで最大21倍の容量と最大18倍のスループットを実現

 3. 実績のあるAI専門技術の活用

  • データサイエンティスト、IT部門、ビジネスラインとのギャップを埋めるDell EMCコンサルティングサービス
  • Dell EMC HPC & AI Innovation Labが、技術検証による専門家の支援と、最適なハードウェア環境を提供

「Ready Solution for AI」の2つのパッケージソリューション

 ・「Deep Learning with NVIDIA」

 Dell EMCとNVIDIA社の共同エンジニアリングによるディープ ラーニング(深層学習)向けモデルで、「Dell EMC PowerEdge」サーバーとNVIDIA Tesla V100 Tensor Core GPUをベースに構築。主な特徴は次のとおり。

  • 4枚のNVIDIA Tesla V100 SXM2 Tensor Core GPUを搭載、100TFlopsを超える性能を提供するコンピュートノード「PowerEdge C4140」
  • 容易なマルチノード分散学習環境の構築
  • 「Dell EMC Isilon F800」All-FlashスケールアウトNASストレージ(オプション)による大規模データセットの高速同時分析
  • Bright Cluster Managerと「Dell EMC Data Science Provisioning Portal」の連携による容易なクラスター設定、プロビジョニング、監視、および管理

「Ready Solutions for AI – Deep Learning with NVIDIA」

 ・「Machine Learning with Hadoop」

 Cloudera Hadoop利用を前提とした完全検証済み基盤。データサイエンスとフレームワークに最適化したソリューションスタックが含まれ、既存、または新規のHadoop環境に、迅速にマシンラーニング機能を導入する。主な特徴は次のとおり。

  • 世界中で豊富な実績を持つ「PowerEdge R640」および「R740xd」で構成
  • Cloudera Data Science Workbench:コンテナ技術を用いた迅速簡単堅牢なエンタープライズ向けセルフサービスデータサイエンス環境
  • Apache Spark:ビッグデータとマシンラーニング用のオープンソース統合データ解析エンジン
  • Dell EMCデータサイエンスプロビジョニングエンジン:データサイエンティストがSparkフレームワーク上のインテルBigDL分散ディープラーニングライブラリにアクセスするためのコンテナイメージ

「Ready Solutions for AI – Machine Learning with Hadoop」

ビッグデータ・AI関連サービスメニュー

 •「Ready Solution for AI導入サービス」

 このソリューションに導入されるAI関連ツール群の使い方、選択方法のアドバイス、ベストプラクティスの提供を行うアドバイザリーサービスにより、AI環境をすぐに利用できるように支援。また、アクセラレーターサービスでは、要望に応じた業務立上げを支援。

 例えば、顧客データを使用しデータエンジニアリングやモデル構築作業をDell EMCが実施、企業へスキル移行を行うものや、AI・データサイエンスの活用テーマの設定や評価をするサービスなどを提供。

 ・データサイエンティストの育成

 データサイエンティストが不足している場合には、最短6か月で自律的にAI・データサイエンス業務を実施できるよう人材育成を行うデータサイエンティスト育成サービスを提供。AI・データサイエンス組織の設計、立上げを通じ、社内におけるAI・データサイエンス活用の定着も支援する。

「PowerEdge AI エクスペリエンスセンター」

 Dell EMCのカスタマー ソリューションセンターに、AI活用基盤の導入を検討中の企業、またはAIを活用したソリューション開発を計画しているプロバイダーが、Dell EMCのAIソリューションを体験できる環境を準備。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5