Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

インテック、UI/UXを全面刷新した統合ログ管理の最新版「LogRevi Version 8.1」を販売開始

  2019/01/31 14:45

 インテックは、各種セキュリティシステムのログの保管と活用をサポートする統合ログ管理「LogRevi」のUI(User Interface)/UX(User Experience)を全面刷新した新バージョン「Version 8.1」を1月31日から販売開始すると発表した。

 ■「LogRevi Version 8.1」の特徴

  • 既存機能はそのままに、独自用語や専門用語を理解しやすい言葉に置き換え、ユーザニーズ・行動シナリオを考慮したデザイン
  • ログ検索やレポート作成をはじめとする全ての機能を直感的に操作できるように見直し、統合ログ管理製品に触れたことがないユーザでもすぐに始められるインターフェイス

 業務効率化や不正残業抑止の働き方改革の観点から、今後企業におけるログ活用は一層重要度が増していくことが予想される。すでにログ統合管理製品を導入している企業では、情報システム部門がセキュリティ強化を目的として利用するだけでなく、人事部、総務部、営業部など様々なライン・スタッフ部門が、労務管理や業務効率の観点でログ活用を検討しているという。

 一方で、専門的な統合ログ管理製品を触ったことがないユーザ部門にとって、ログの検索や分析は難易度が高く、社内教育・作業時間の捻出が足かせとなり、活用が難しいケースがあるという。こうした背景の中、簡単な操作でログの活用をサポートできるようにLogRevi のUI/UXの全面刷新を行ったとしている。

 「LogRevi」は、企業内に存在するさまざまなシステムのログを統合管理する、インテックが開発したセキュリティ製品。形式の異なる複数のログを統合管理できるだけでなく、高速検索、複数ログ閲覧ビューア、レポーティング機能、アラート機能、マスタ連携機能、突合せレポート機能など、ログを活用するための機能が充実してる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5