Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

HPE、ビジネス効率とイノベーションを加速させるIoT・エッジコンピューティングソリューションを発表

  2019/02/08 13:45

 日本ヒューレット・パッカードは、IoT/産業用IoT(IIoT)におけるテクノロジーおよびビジネスの効率性に大きな変革をもたらすという、「HPE Edgeline」ソリューション(ハードウェア、ソフトウェア)を発表した。

 「HPE Edgeline Converged Edge System」(ハードウェア)は、エッジの過酷な環境でも大量データを処理する性能を備えているという。

 また、IoTの実装においては、データ取得元の各種デバイス(センサーや制御用機器-PLCなど)に特化した接続方法が必要になる。「HPE Edgeline OT Link Platfrom Software」は、標準で提供される接続機能によって、各種デバイスとの接続を、GUIを利用して容易に実装することが可能だ。

 さらに、「HPE Edgeline」システム管理製品は、エッジに展開された、エッジコンピュータやその上のアプリケーションを一元的に管理でき、IoTの運用負荷を軽減するという。

 今回発表された新たなソリューションは次のとおり。

 ■「HPE Edgeline EL300 Converged Edge System」

  • IoT/エッジコンピューティング専用コンピュータ
  • 動作温度 -30~70℃、IP50、ファンレスの優れた耐環境性能
  • Intel Core i5、i7、Intel Atomプロセッサを選択可能
  • 最大32GBメモリ、3TB SSDをサポート
  • TSN、CAN、Serial、GPIOのハードウェアIF搭載可能
  • HPE Edgeline OT Linkプラットフォームをバンドルすることにより、各種PLCや産業、クラウドプロトコルをサポート

 ■「HPE Edgeline OT Link Platform Software」

  • エッジやクラウドの様々なデバイス・プロトコルをサポートするソフトウェア
  • IoTで利用する主要なプロトコルを標準でサポート
      サポートプロトコル例
      - PLC:国内外主要メーカー
      - 産業:GE、OSIsoft、Modbus、OPC UA
      - IT/クラウド:AWS、Google、Microsoft Azure、PTC、SAP、SAS
  • GUIによって作成するフローで基本的なエッジ処理をコーディングレスで実装可能
  • 企業やISVが提供するDockerベースのアプリケーションのデプロイ管理機能を提供

 ■「HPE Edgeline Integrated System Manager」 (iSM)/「HPE Edgeline Infrastructure Manager」 (EIM)

  • エッジ専用に設計された業界初のシステム管理ソリューション
  • リモートから、HW、BIOSレベルの各種コンフィグレーション、アップデートが可能(リモート管理は、有線・無線-LTE/WiFiをサポート)
  • HPE製エッジコンピュータを一元管理
  • 最新のセキュリティ機能

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5