Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ALSI、セキュアなテレワークを支援するクラウド型Webフィルタリングサービス「InterSafe CATS」最新版を販売開始

  2019/02/20 14:30

 アルプス システム インテグレーション(ALSI)は、クラウド型Webフィルタリングサービス「InterSafe CATS」をバージョンアップし、3月18日より販売開始することを発表した。

 ALSIは、2008年よりクラウド型Webフィルタリングサービス「InterSafe CATS」の販売を開始し、社外持ち出しPCやスマートデバイスを通じて社外でインターネットを利用する際の、情報漏洩や私的利用を防止することで、時間・場所・デバイスに縛られない、安全なインターネット利用環境を提供してきたという。

 今回、販売を開始する新バージョン「InterSafe CATS Ver. 5.0」では、フィルタリングカテゴリを増強・細分化し、運用の柔軟性を高めることで、マルチデバイス・マルチプレイスにおける、より安全なインターネット利用環境を提供するとしている。

 ■バージョンアップの概要

 新バージョンでは、これまで77カテゴリであったフィルタリングカテゴリを、国内Webフィルタリングソフト最大クラスとなる148カテゴリへと大幅に増強。高い網羅率により、一層の細かなアクセスマネジメントや、標的型攻撃対策、またホワイトリストによる運用が可能になる。

 「InterSafe CATS」は、近年一般化し増加しているHTTPSサイトにも完全対応しており、HTTPSによる暗号化通信上での情報漏洩・セキュリティ対策への備えとしても有効だという。

 また、「InterSafe CATS」は、ポリシー設定からアクセス規制、ログ管理に至るまで全てクラウド上で行うため、大がかりな設備投資が不要で容易な導入・運用が可能。いつでもどこでも、確実にWebアクセスを管理し、社内のネットワークに接続していない持ち出し端末や、マルチデバイス(Windows、iOS、Android)に対応し、組織内外のWebアクセスを一元管理する。

 なお、「InterSafe CATS」と併せ、企業向けWi-FiセキュリティVPNサービス「Wi-Fi Security for Business」を利用することで、カフェや空港、駅、ホテルなどにおける、フリーWi-Fi(公衆無線LAN)を介した通信環境下においても、安全な通信利用が可能になる。

 これは総務省が策定したセキュリティガイドラインに明記された、「フィルタリング等を用いてテレワーク勤務者が危険なサイトにアクセスしないようにする」 「フリーWi-Fiなどの無線LANの脆弱性対策」に対応したソリューションになる。テレワーク環境でもセキュリティを担保しつつ、ビジネススピードの向上を実現するという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5