Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

DAL、B2Bサーバ「ACMS B2B」のWeb-EDI製品「ACMS WebFramer」とそのオプションの最新版V1.6を発売

  2019/09/06 14:30

 データ・アプリケーション(DAL)は、B2Bサーバ「ACMS B2B」のWeb-EDI製品「ACMS WebFramer」とWebアプリケーションを自動生成する「ACMS WebFramer Webアプリケーション構築支援ツール」オプションの最新版V1.6を9月6日から発売すると発表した。

 「ACMS WebFramer」は、Web-EDI構築のためのシステム基盤。Web-EDIシステムに不可欠なユーザ管理、業務管理、ログ管理などの各種管理機能を実装し、その管理機能を外部から呼び出すAPIやテンプレートの提供で、Web-EDIシステムの構築を短期間で容易するという。最新版では、Oracle Database 18c/19cに対応し、新たなJDKに対応するなど稼働環境を拡充させた。

 また、「ACMS WebFramer Webアプリケーション構築支援ツール」は、業務DBレイアウトや取引画面レイアウトなどを登録し、業務フローの設定だけで、Webアプリケーションを動的に自動生成し、開発生産性を向上させるツールになる。

 最新版では、業務画面で画像(JPG、PNGなど)や連絡事項など(長文テキスト)の取り扱いを可能にし、視認性や可読性を向上させた。さらに、Oracle Database 18c/19cへの対応や新たなJDKに対応するなど稼働環境も拡充させている。

ACMS WebFramerの新機能

 ・新たにデータベースをサポート:Oracle Database 18c/19c

 ・Java環境の拡充:新たに以下のJDKをサポート(64ビット版のみ)

  • Red Hat OpenJDK 8(Linuxのみ)
  • Amazon Corretto 8
  • Azul Systems Zulu Enterprise 8
  • AdoptOpenJDK 8 OpenJ9

ACMS WebFramer Webアプリケーション構築支援ツールの新機能

 ・画面項目属性の追加:取引業務画面上で画像(img:JPG、PNGなど)と連絡事項などの長文テキスト(textarea)の取り扱いが可能に。

 ・新たにデータベースをサポート:Oracle Database 18c/19c

 ・Java環境の拡充:新たに以下のJDKをサポート(64ビット版のみ)

  • Red Hat OpenJDK 8(Linuxのみ)
  • Amazon Corretto 8
  • Azul Systems Zulu Enterprise 8
  • AdoptOpenJDK 8 OpenJ9

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5