SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

Datadogが語る日本での市場戦略と「モダンなモニタリング」

 SaaSのビジネスモデルで統合モニタリングツールを提供するベンダーとして、日本でも導入企業が増えているDatadog。2019年9月にはNASDAQ上場を果たし、期待の成長株でもある。2020年1月に日本のカントリーマネージャーに就任した国本明善氏にその製品戦略を訊いた。

全製品が統合プラットフォームの上で稼働

Datadog Japan合同会社 執行役社長 国本明善氏
Datadog Japan合同会社 執行役社長 国本明善氏

 2010年創業のDatadogは、Wireless Generationの技術部門の同僚として働いていたオリヴィエ・ポメル氏(現Datadog CEO & Co-Founder)とアレクシス・ルクオック氏(現Datadog CTO & Co-Founder)の2人が、開発と運用の壁を取り払うことを目的に設立した会社である。2021年3月現在、グローバルで約14,000社の顧客、約2,200人の従業員を抱える。提供している製品は全てをSaaSで提供しており、導入した企業はその日からシステム環境の監視を行うダッシュボードを運用できる。その利用料金はデータ量に応じてではなく、ホスト単位で決まるのだという。

 現在のDatadogの製品ラインアップは多岐にわたるが、全ての製品がリアルタイム統合データプラットフォームで稼働する設計である(図1)。2012年に最初の製品として「インフラストラクチャモニタリング」をリリースして以来、2017年には「APM(Application Performance Monitoring)」製品を投入。以降もログ監視、UX監視と次々に製品が加わり、現在はネットワークパフォーマンスやセキュリティモニタリングの製品も提供している。共通プラットフォームで稼働する設計であるため、「リアルタイムに相関性のあるダッシュボードを利用できる」と国本氏は語る。

図1:統合プラットフォームから提供するDatadogの製品群 出典:Datadog Japan[クリックして拡大]

 最近のDatadogはキーテクノロジーの買収にも意欲的だ。2021年2月にはAPM製品を強化するためにアプリケーションセキュリティのテクノロジーを提供するScreen、ログ監視の製品を強化するためにTimber Technologyの買収を発表している。

次のページ
チームごとの運用の分断という課題

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

冨永 裕子(トミナガ ユウコ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/14213 2021/04/08 10:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング