SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

エンタープライズ企業のための『グローバルPRのすゝめ』

BtoB企業のPRチームビルディングのコツとは

 海外IT系企業が日本に市場進出する時のPR活動やパートナー戦略の立案に携わってきた共同ピーアール総合研究所(PR総研) 副所長の上瀧和子氏の寄稿。そもそもPRチームをどう編成するのか、PRを推進する上で重要となる5大経営資源の中の「人」に焦点を当てる

 前回はエンタープライズ企業におけるBtoBのPRの基礎、変遷、コロナによる主だった変化を説明しました。今回は、そもそもPRチームをどう編成するかを紹介します。PRを推進する上で重要となる5大経営資源「人、モノ、カネ、情報、時間」の中の人に焦点を当てます。

PRパーソンの育て方、「向き不向き」を補うトレーニング

 PRにおける最も大切な資産は「人」です。どう集め、育て、全社のためにチーム運営したらよいでしょうか。

 日本の大企業の場合は、広報部があり数年サイクルの人事異動で社内の別の部署から来た人が初めてPRの仕事に携わります。このため、共同ピーアールの広報の学校などで研修を受け、基礎知識や業務ノウハウを身に着けてPRパーソンとしての仕事を始めます。大手メーカーなどは国内だけで数十名以上の広報部員を抱え、数多くの媒体の報道対応にあたります。より小規模の企業では、広報がひとりで全社の窓口になったり、また総務や企画部門などの一部としてその他の経営支援業務を兼務することも少なくありません。

 日本でBtoBのPR業務は、PR会社に外注せず自社で運営されることが多いのが特徴です。こうしたインハウスのPR担当者たちは、日本パブリックリレーションズ協会(PRSJ)などの団体やソーシャルメディアなどを通じた横のつながりによって社外と交流し、情報をアップデートしているようです。なお、毎日フルタイムでPRパーソンのマンパワーを必要としない業務量の企業では、週に3日ほど執務するフリーランス契約によって、経験者の力を借りるケースも増えているようです。外資系企業では多くの場合、グローバル展開する上で最適なPR運営するために、PR会社とパートナーシップを組みます。

 外資系企業の場合、PRパーソンはまず英語が必須であることが多く見受けられます。そのため、まずPR会社で広報の基礎を身に着け、その間に英語を習得して、外資系企業のインハウスPRに転職するというキャリア構築もひとつの形です。シニアクラスになると、読み書きプレゼンテーションとすべてのコミュニケーションを滞りなく、そして日本の意見や主張を漏れなくかつ感じ良く伝えられる英語が必要となります。とはいえ、前回も述べた通りツールを駆使したりして自分のスタイルを確立すれば、ネイティブスピーカーでなくとも遜色ないと言えるでしょう。多様性が求められる今、ネイティブスピーカーでない声は競争力を高めると受け止められ、時と場所によってはむしろありがたがられます。そもそも、ひとりで賄えないことは、チームで補えばよいのです。

 一般的なPR業務としては、報道の調査(モニタリング)と収集(クリッピング)、プレスリリースや報道参考資料などの情報収集、後述する社内調整、メディアへの伝達、掲載記事の報告書作成といった一連のプロジェクトを遂行していきます。ではこうしたPRの仕事をするために必要な資質とは何でしょうか。国内を中心に年間5,000件以上のPRプロジェクトを手掛けながら、世界100カ国以上、80社1,400名に上るPR会社のネットワークGlobalComでの活動を通して見えてくるPRパーソン像は「真面目」です。事実(ファクト)の正確性が求められるPRでは、緻密な調査と最新のテクノロジー知識、誤解を生まない表現と高い倫理意識に裏打ちされた情報伝達が必要です。これらに責任と喜びを感じながら、日常的、恒常的に継続していけるPRパーソンはいくつになっても成長し続けることができます。むしろ、年齢が上がるとともに判断力と交渉力が高まり、市場からの評価が上がるのもBtoBのPRパーソンの特長と言えるでしょう。

 もうひとつ、コロナ禍の中でさらに重要視されるようになったPRパーソンの資質は「謙虚さ」です。謙虚さは、日本の美徳であるだけではなく、世界の美徳です。上述のとおり年を重ね堂々としたPRのプロになったとしても、人の心のひだに気を配る、DXやSDGsの動きを観察して傾聴する繊細さを、ポジティブに人に伝えてコミュニケーションの価値を生むためには、謙虚さが必要です。謙虚といっても卑下するのではなく、前向きな優しい表現で周りを鼓舞していくこと、つまり明るさが重要になります。なおこうしたヒューマンスキルは訓練によって身に着けることができるため、決して自信を失ったり悲観したりする必要はありません。

世界のPRプロフェショナルはグローバルチームで集まり研鑽しヒューマンスキルを磨くGlobalCom PR Network Annual Meeting 2019 撮影:Angelika Güc

世界のPRプロフェショナルはグローバルチームで集まり研鑽しヒューマンスキルを磨く
GlobalCom PR Network Annual Meeting 2019 撮影:Angelika Güc

次のページ
インハウスとエージェンシーの違い

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
エンタープライズ企業のための『グローバルPRのすゝめ』連載記事一覧
この記事の著者

上瀧 和子(コウタキ カズコ)

 共同ピーアール株式会社 総合研究所(PR総研)副所長、テクノロジーリード。現SCSKのマーケティング、現ソフトバンクの広報に従事後、PR業界に転じ、テクノロジーとインクルージョンの知見を柱にグローバル企業のコミュニケーション支援、SDGs・ESG投資推進のシンクタンク運営にあたる。IABC(国際ビ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/15397 2021/12/28 10:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング