SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

実務経験者のためのPMP合格講座

計画プロセスのポイント ―― 1


今回は「計画プロセスのポイント―1」として、「要求事項の把握」「スコープ定義と要素成果物の洗い出し」「スケジュールの作成」について解説します。  

[1]要求事項を把握する

 このプロセスも、PMBOK第4版で新しく追加されました。初版から第3版までのPMBOKに、なぜ、このプロセスがなかったのか。要求事項が明確にならなければ、プロジェクトは始まりません。このプロセスでは、ファシリテーション型ワークショップ等の手法を使い、ステークホルダの要求事項を分析、把握し、それを要求事項文書に、次のような項目で整理します。

 ・ビジネスニーズや捉えるべき好機。(現状の制約/プロジェクト立上げ理由)
 ・追跡可能なビジネス目標およびプロジェクト目標
 ・機能要件(ビジネスプロセス、情報、成果物との相互作用を適切に記述)
 ・非機能要件(サービスレベル、性能、安全、セキュリティ、法令遵守、保存、廃棄など)
 ・品質要件
 ・受入れ基準
 ・組織の指針となる原則を表明したビジネス規則
  
等など。

[2]スコープを定義して要素成果物を洗い出す(WBS作成)

 要求事項が明確になれば、実施すべき作業範囲を把握することができます。把握した内容を文書化したものが、プロジェクト・スコープ記述書になります。この記述書には、プロジェクト憲章と重複する内容が含まれていましたが、PMBOK第4版で、はっきりと整理され、その違いが明確になりました。プロジェクトスコープ記述書には、次の項目が含まれます。

 ・成果物スコープ記述書    
 ・成果物受入れ基準
 ・プロジェクトの要素成果物
 ・プロジェクトからの除外事項  
 ・プロジェクトの制約条件
 ・プロジェクトの前提条件

●スコープには、次の2類があります。
 成果物スコープ:プロダクト、サービス、所産に特有の特性や機能
 プロジェクトスコープ:プロダクト、サービス、所産を生み出すために実行すべき作業

 作業範囲(スコープ)が定義されると、次にその作業範囲内の作業をツリー構造体に細かく分解し、そこに含まれる要素成果物を洗い出します。これを、ワーク・ブレークダウン・ストラクチャー(WBS:Work Breakdown Structure)といいます。WBSの不備は、プロジェクトの成否に大きな影響を及ぼすため、プロジェクトの核といわれています。

 各WBSは、それぞれ独自の識別子(WBSコード)を持ち、最下層の一番小さなWBSは、ワークパッケージと呼ばれます。そして、各WBSの詳細な内容が、WBS辞書に記述されます。

 プロジェクトスコープ記述書とWBS、そしてWBS辞書の3つでスコープベースラインが構築されます。

プロジェクトのイメージ

次ページへ続く

次のページ
[3]スケジュールを作成する(CPM:Critical Path Method)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
実務経験者のためのPMP合格講座連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

青栁 次男(PMP)(アオヤギ ツギオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3169 2011/06/22 14:49

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング