SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

実務経験者のためのPMP合格講座

監視・コントロール・プロセスのポイント

第8回 プロジェクト経験とのギャップを踏まえてPMBOKを勉強する(その6)

プロジェクト実行中の変更について、その対応ステップは詳細に記述されていません。「経験豊富な受験生」は、自分の経験を土台に対応するため誤った解答を選択しがちです。

 世の中に変更のないプロジェクトなどありえません。プロジェクトに変更は「つき物」です。PMBOKにも統合変更管理をはじめ、スコープ、スケジュール、コスト、契約等、変更に関してしっかりと記述されています。しかし、プロジェクト実行中に変更が発生したときの対応ステップについては、詳細に説明されていません。

 それにもかかわらず、いろいろなPMP試験の練習問題を見ますと、変更発生時におけるプロジェクトマネージャの対応に関する問題が多く見受けられます。そのような練習問題に、「経験豊富な受験生」は、自分の経験を土台に対応することが多いため、ほとんどの場合、誤った解答を選択しています。それでは、どのように考えたらよいのでしょうか。

[1]変更に対する標準ステップを理解する

 変更に対応するステップは、いろいろあるかと思います。しかし、ここに示す標準ステップと大差ないものと思います。

ステップ図

 通常、変更要求はプロジェクトマネージャが受付け、その内容を分析、評価し承認するか却下するかの判断をくだします。プロジェクトマネージャがその責任を担わない場合、変更管理委員会を設置し、そこに、承認、却下の責任を委ねます。当図では、変更管理委員会が、その責任を担っています。

次ページへ続く

次のページ
[2]コストパフォーマンス・ベースラインの変更(EVM)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
実務経験者のためのPMP合格講座連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

青栁 次男(PMP)(アオヤギ ツギオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3246 2011/07/28 16:10

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング