SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

MySQL事始

MySQL事始 データのエクスポートとインポート

第9回


mysqldumpの出力フォーマット

 mysqldumpはデフォルトではテーブル定義やデータをSQL文として出力します。第3回で利用したサンプルデータはmysqldumpのデフォルトの出力フォーマットそのものです。

 データはINSERT文として、テーブル定義はCREATE TABLE文として出力されます。

 -Tまたは--tabオプションを使用するとデータをタブ区切りのファイルとして出力できます。さらにフォーマットを変更するオプションを組み合わせて任意のフォーマットで出力できます。このオプションでは出力先ディレクトリを明示的に指定する必要があります。

mysqldumpでのオンラインバックアップ

 エクスポート対象のテーブルが全てのInnoDBなどトランザクションをサポートしたストレージエンジンを使用している場合、データのエクスポートが1つのトランザクションとして実行されます。つまり他の処理を一切邪魔することなく一貫性を保ったデータを取得できる、オンラインバックアップが可能です。但しmysqldumpで取得したバックアップデータのリストア性能に課題があるため、データサイズが大きい場合(経験的にはおおむね20GBより大きい)にはMySQL Enterprise Backupなど他のバックアップ方法の検討が必要です。

mysqlコマンドでのインポート

 mysqldump-Tまたは--tabオプション無しでエクスポートしたファイルは、mysqlコマンドに読み込ませることでインポートできます。コマンド例は第3回でのサンプルデータの登録作業のものです。

C:\mysql\mysql55\bin> mysql -u root world_data < c:¥mysql¥world.sql

次のページ
SOURCEコマンドでのインポート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MySQL事始連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

梶山隆輔(カジヤマリュウスケ)

日本オラクル MySQL Global Business Unit Asia Pacific & Japan担当 MySQLソリューション・エンジニアリング・ディレクターオラクル社において、MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リーダー。多国籍なM...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3592 2012/07/09 15:46

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング