SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

開発現場のストレスを減らすアサーティブ会話術

ちょっと気が引ける頼みごとはアサーティブに伝えるのが正解!

第3回

前回まで、アサーティブの基本について紹介してきました。今回は、タイプ別のコミュニケーションのクセを紹介しながら、アサーティブな「断り方」について、解説していきましょう。

登場人物
  • 水野くん

     入社半年、いつも一生懸命な新人エンジニア。

  • 吉野さん

     技術面はうといが経験豊富なシステム営業マン。

  • 木下さん

     42歳のマイペースで経験豊富なエンジニア。

あなたのコミュニケーションタイプは?

 人はみな、それぞれコミュニケーションのスタイルを持っています。無意識のうちにとっている態度、よく使っている言葉などから、次の3つに分類することができます。

アグレッシブ(攻撃的)

 自分が大切。相手を言い負かして自分の言い分を通そうとするタイプです。断定的・威圧的・ネガティブ表現が多いことが特徴です。

パッシブ(受身的)

 自分よりも相手のほうが大切で、人に決めてもらうことが多く、自分の意見を手放してしまうことが多いタイプです。一方で、素直になれず、ときに陰湿な振る舞いに及ぶこともあり、曖昧・謝罪の言葉が多いことが特徴です。

アサーティブ(積極的)

 自分も相手も大切。相手が目上でも目下でも態度や姿勢が変わらないというタイプです。話の筋がとおっていてわかりやすい・ポジティブ表現が多いのが特徴です。

コミュニケーションタイプ
cap

  「私はパッシブかな」「オレはアグレッシブかも」と、スパっとタイプ分けできる人もありますが、実際には、「アグレッシブときどきパッシブ」といったように、相手や状況により表れる特徴が異なる人が多いようです。

 アグレッシブは、一時的には相手に対し優位に立つこともできるのですが、長い目で見ると良い関係性をつくることができません。また、パッシブは、必要以上に頭を下げ、遠慮などから相手を立てようとするので、ナメられることも多く、やはり良い関係性をつくるには難しいのです。

 それではケースを参考に、自分も相手も大切にするアサーティブな伝え方を見ていきましょう。

次のページ
アグレッシブorパッシブな頼み方していませんか?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
開発現場のストレスを減らすアサーティブ会話術連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

吉田 珠江(ヨシダ タマエ)

イオン株式会社で各種コミュニケーション研修、人事制度の企画運用を歴任後、コンサルティング会社でセミナー講師などを経て、独立。現在、ダイバーシティ・ラボ所長。著書に「開発現場のストレスを減らすアサーティブ会話術」(翔泳社)がある。E-mail:pearl_@gaia.eonet.ne.jp

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/892 2009/01/09 09:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング