SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

開発現場のストレスを減らすアサーティブ会話術

なかなか言えない「No」や「助けて!」をアサーティブに伝えてみよう

前回はアサーティブとは何か?ということについてお話しました。第2回の今回は、具体的なケースに落とし込んでアサーティブな伝え方を勉強していきましょう。

登場人物
  • 橋本さん

     入社5年目。とにかく忙しい毎日。人と話すのが億劫で、特にオシの強い中川さんが苦手。

  • 中川さん

     入社10年目のリーダー。お客さまとの交渉も担当する。後輩SEやプログラマに対してちょっと高圧的。

  • 田中さん

     入社8年目で技術力には定評あり。忙しい橋本さんチームに最近異動してきた。

ケース1:オシの強い先輩の頼みを断れない!

 入社5年目の橋本さんは、オシの強い中川さんに苦手を意識を持っています。中川さんは意識していないようですが、どうも自分の要求を押し通してしまうクセがあるようです。そんな橋本さんは中川さんがいないときに、お客さまから機能変更について頼まれてしまったようです。

ノン・アサーティブな例

橋本
中川さんの外出中に、
担当のお客さまから機能Aの追加を頼まれちゃったんですけど……。
 
中川
うーん、
顧客満足を高めるためにはしょうがないだろ。やってくれよ。
 
橋本
でも……
納期も迫ってますし……
こんな大がかりな機能追加、間に合わないんじゃ……。
 
中川
そこを間に合わせるのが、君の仕事だろ!
土日出社で乗り切れないの?
 
橋本
まあ…
できないこともないですけど……。
 
中川
じゃあ、やってよ。
そもそもキミの担当で機能追加を頼まれたのはキミの責任じゃないの?
頼んだよ!
 
橋本
ハイ……。なんとか、頑張ってみます。
(トホホ……また押し切られちゃった)
 
ついつい…押し通されていませんか?

 橋本さん、またいつものように、中川さんの強い口調に押し切られてしまったようです。

次のページ
アサーティブな伝え方の原則を学ぼう

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
開発現場のストレスを減らすアサーティブ会話術連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

吉田 珠江(ヨシダ タマエ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/890 2008/12/11 09:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング