Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「CData Drivers」の2017版80種類超をリリース――SaaSなどのデータを仮想RDB化

2017/09/19 15:30

 CData Software Japanは、「CData Driversシリーズ」の2017年版を一斉リリースしたことを発表した。2017年版は、Dynamics 365、Office 365、G Suite(Google Calendar、Google Contacts、Google Drive)、PayPal、Square、Stripeなどの決済サービスAPI向けのドライバーが新規追加され、合計80を超えるドライバーラインアップとなった。

 「CData Drivers」は、Salesforce、Dynamics 365、Google BigQueryやkintoneなどクラウドサービス(SaaS)およびアプリケーション、NoSQL、フラットファイルなどのデータを仮想RDB化し、ODBC、JDBC、ADO.NETなどの標準インターフェースでのアクセスを可能にするライブラリ製品。「CData Drivers」を活用することにより、サイロ化しがちな複数のクラウドデータの連携を、使い慣れた標準SQLを使って低コストで実装することができるという。

 ■2017版リリースの概要

 ・CRM、マーケティング:Dynamics 365、Salesforce Chatter、Oracle Sales Cloud、Magento

 ・コラボレーション:Office 365、Google Calendar、Google Contacts、Google Drive、Box(β)

 ・DB、NoSQL:Elasticsearch、HBase、CosmosDB(β)

 ・決済、Eコマース:PayPal、Square、Stripe、eBay

 ・SNS:Instagram(β)、LinkedIn(β)

 また、企業内で複数のSaaSを併せて使う「マルチクラウド利用」のために便利なテクノロジーサブスクリプションライセンスを開始した。ODBCやADO.NETなど、1つのテクノロジーにおいて1ライセンスで80を超えるCDataの全データソースを使うことができる。多対多のクラウド・オンプレ連携を標準インターフェースで行うことで、マルチクラウド連携開発の短期化、コスト低減、安定化を図ることができるという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5