クリエーションライン、Kubernetes導入支援コンサルティングサービスなどを提供開始:EnterpriseZine(エンタープライズジン)
Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

クリエーションライン、Kubernetes導入支援コンサルティングサービスなどを提供開始

2017/10/18 14:45

 クリエーションラインは、Kubernetes導入支援コンサルティングサービスなどを提供開始した。また、提供開始にあたりCloud Native Computing Foundation(CNCF)のメインプロジェクトの1つであるKubernetesのService Partnersとして国内初認定された。

 クリエーションラインは、2015年から日本国内唯一のDocker公認コンサルティング兼トレーニングパートナーとして、Dockerサブスクリプション提供、導入支援、コンサルティング、トレーニングなどのサービスを提供してきたという。

 開催中の「DockerCon Europe 2017」においてDocker Enterprise EditionのKubernetes対応が発表された。それに伴いクリエーションラインでは、Docker EE+Kubernetesに対応した各種サービスも提供を開始する。

 新サービス内容は次のとおり。

 1. インテグレーションサービス:Kubernetesのインプリメンテーション(実装)と運用支援サービス。(認証、監査、ログ分析など各種ツール群との連携等も)

 2. 各プラットフォーム上でのKubernetesサポート:マルチクラウド環境における信頼性の高いKubernetesサポート。(Public Cloud:Azure、AWS、GCE/GKE、Bluemixなど。Data Center:自社で運用しているデータセンタ)

 3. アセスメントサービス:導入企業の技術的成熟度などをヒアリング/調査/可視化し、実行計画の作成支援を行う。(一部、クリエーションラインのサービスであるDevOps Success Supportも活用)

 4. アーキテクトコンサルティングサービス:Kubernetes上でのアプリケーション開発における設計(アーキテクチャ)に対してのコンサルティングサービス。

 5. プラグイン開発:Kubernetesにアドオンするプラグインアプリケーションの開発サービス。

 クリエーションラインではKubernetesを、コンテナ基盤を実現する重要なツールの1つとして位置付けており、すでに数名のCertified Kubernetes Administrator(CKA)資格取得エンジニアを擁しており、日本国内のユーザに対してKubernetesを含めた付加価値の高いコンテナソリューションを提供していくとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5