A10、フローベースの検知機能と高度な自動化をサポートするDDoS対策ソリューションを発表:EnterpriseZine(エンタープライズジン)
Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

A10、フローベースの検知機能と高度な自動化をサポートするDDoS対策ソリューションを発表

2017/10/24 16:00

 A10ネットワークスは、DDoS対策ソリューション「Thunder TPS」を拡張する、高精度なフローベースのDDoS攻撃検知機能である「Thunder TPS Detector」とインテリジェントな自動化機能などをサポートする管理アプライアンス「aGalaxy TPS」の新バージョンを12月から日本市場で提供開始することを発表した。

 新たに追加されるDDoS攻撃検知機能である「Detector」は、同時提供する管理アプライアンス「aGalaxy 5000 TPS」(aGalaxy TPSのアプライアンス製品名)上の仮想マシンとして動作させる構成と、既存のThunder TPSアプライアンスの動作モードを検知モードに変更し、「Detector」として動作させる構成で利用できるという。

 「Detector」は、1秒間に500,000のフローを処理することが可能であり、他社製品と比較して2倍以上のフローベースのDDoS検知性能を発揮するという。「Detector」は、Thunder TPSアプライアンスの防御モードであるThunder TPS MitigatorおよびaGalaxy TPSの管理モジュールと密に連携するという。

 A10のDetector、Mitigator、aGalaxy TPSで構成したフルセットのThunder TPSソリューションにより、IT管理者は、いち早くDDoS攻撃を検知して、その攻撃を防御できるようになるという。

 Detectorのユーザートラフィック分析によって攻撃が検出されると、aGalaxy TPS管理アプライアンスに通知され、推奨される防御テンプレートがMitigatorに自動設定されるため、あらゆる攻撃に対して迅速な対策が可能となる。

 Thunder TPSソリューションは、攻撃の重大度を認識して評価し、より強力な防御を自動的に実行するため、DDoS攻撃が拡大して大損害が発生するのを未然に防ぐことができる。

 また、Thunder TPSソリューションの拡張と併せて、DDoS攻撃緩和に特化したサポートサービス「A10 DSIRT(A10 DDoS Security Incident Response Team)」の提供を開始する。DDoS攻撃の専門家による24時間364日のサポートにより、DDoS攻撃緩和のための迅速な支援を行うとしている。

Thunder TPS ソリューションによるDDoS対策

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5