Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

モバイル、IoT、プライバシー、アイデンティティに対応するためにIntel Securityが作られた―米マカフィー エバンジェリスト

  2014/10/02 15:50

 マカフィーは9月30日、個人向けセキュリティ製品戦略に関する記者説明会を開催。米マカフィーの担当者が来日し、次世代のセキュリティに求められる要件や、「Intel Security」の位置づけ、今後の取り組みについて説明した。

Intel SecurityとMcAfeeのビジョン

 マカフィー コンシューマ事業統括取締役 専務執行役員の田中辰夫氏
▲マカフィー コンシューマ事業統括
取締役 専務執行役員 
田中 辰夫氏

 マカフィーは同日、個人向けセキュリティ製品の最新版として「マカフィー リブセーフ2015(McAfee LiveSafe 2015)」「マカフィー インターネットセキュリティ 2015(McAfee Internet Security 2015)」など、5製品を発表した。

 LiveSafeは、PCやスマートフォンなど複数のデバイスを1つのアカウントで管理できるセキュリティ製品で、ウイルス対策のほか、スマートフォン上の顔認証や音声認証などに対応したオンラインストレージ機能などを備える。Internet Securityは、ウイルス対策にファイアウォール機能などを追加したWindows PC向けの統合セキュリティ製品で、「Intel Security」のロゴを冠した初めての製品となる。

 米マカフィーのチーフコンシューマ セキュリティ  エバンジェリストのギャリー・デイビス(Gary J. Davis)氏
▲米マカフィー チーフコンシューマ
セキュリティ エバンジェリスト
ギャリー・デイビス氏

  説明会で挨拶に立ったコンシューマ事業統括取締役 専務執行役員の田中辰夫氏は、「LiveSafeは昨年5月の発売から売上を伸ばしている。本年度のコンシューマ事業2ケタ成長の牽引役になった。また、Internet Securityは、Intel Securiyの新しいロゴを5月に発表してから初めて展開する製品。2015年版は大きなチャレンジになる」と、最新版がIntel Securityブランドの展開でカギを握っていることを強調した。

 続いて、来日した米マカフィーのチーフコンシューマ セキュリティ エバンジェリストのギャリー・デイビス(Gary J. Davis)氏が「Intel SecurityとMcAfeeのビジョン」と題して、インテルとの統合によるメリットや、近年のセキュリティ市場に関する同社の調査結果、次世代のセキュリティ アーキテクチャなどを解説した。

 同氏は、まず、今日のセキュリティの課題について「モバイルを狙った攻撃」「IoT(Internet of Things)デバイスのハッキング」「プライバシーと個人情報の問題」などがあると指摘した。モバイルを狙った攻撃については、人気ゲームアプリ「Flappy Bird」を騙り、ユーザーの許可なく通話を行ったり、情報を不正送信したりするものなど、端末の増加数にあわせて、脅威も急増している状況にある。傾向としては、Zeusの亜種が国内金融機関を標的にしたり、LINEへの攻撃など、日本のユーザーをピンポイントで狙うものが増えているという。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 齋藤公二(サイトウコウジ)

    インサイト合同会社 「月刊Computerwold」「CIO Magazine」(IDGジャパン)の記者、編集者などを経て、2011年11月インサイト合同会社設立。エンタープライズITを中心とした記事の執筆、編集のほか、OSSを利用した企業Webサイト、サービスサイトの制作を担当する。

バックナンバー

連載:EZ Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5