Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

【プレゼン】各スライドのポイントをまとめる「かんばん方式」で聞き手のあくびを止められる!

  2008/12/05 09:00

企画書を「ちゃんと読んでくれない人」という人種は少なからず存在します。価格交渉に持ち込まれること無く、こちらのペースでプレゼンを進めるためには、各スライドで要点をまとめる「かんばん方式」が有効です。

実は企画書を読んでもらうのはタイヘン

 筆者も経験があるのですが、プレゼンの時に企画書をめくりながら説明していると、提案相手の雰囲気が「うつろ」になっていることがあります。筆者のプレゼン技術のせいだけではなく、企画書を「ちゃんと読んでくれない人」という人種がいるのです。しかも、困ったことに、役職の高い人、決裁権を持っている人にもそういうタイプは少なからずいます。

 そうすると、提案していても張り合いがないというか、何となく場がポジティブになりません。下手をすると、途中で説明をさえぎられて、「で、どれだけ安くしてくれますか?」なんて、いきなり見積りの価格交渉になってしまったりします。それでは、せっかく他社との差別ポイントを披露することもできません。

企画書に「かんばん方式」を

 そこで、「ちゃんと企画書を読んでくれなさそうな相手」にプレゼンする時におすすめしたいのが「かんばん方式」です。何も難しいことはありません。某大手自動車メーカーのそれともちょっと違います。

 PowerPointで企画書を作成するなら、各スライド(ページ)の下に「長方形のかんばん」を置くのです。ちょっと立体的にしてもいいですが、シンプルな方がいいでしょう。

 その「かんばん」に、「このスライド(ページ)で言いたかったことはこういうことです」とまとめを記入するのです。

 たとえば、『ケータイクーポンによって売上が上がったと答えた店舗は45%』と、相手の耳の奥に届きそうなわかりやすいシンプルなコピーを、18ポイント以上のフォントサイズで記載します

 そして、その「かんばん」をコピーして、次のページの同じ位置にペーストします。そのページにも同じ要領でまとめを記入します。たとえば、『本システム導入の投資金額が5ヶ月で改修できた店舗が65%』とかです。

著者注

 数字などはダミーです。

図1 「かんばん方式」を採用する前
図1 「かんばん方式」を採用する前
図2 「かんばん方式」を採用した後
図2 「かんばん方式」を採用した後

実際のプレゼンではこうする

 実際のプレゼンでは、そのページを説明した後に「それでは、このページでお伝えしたかったことは、ひと言で言えばこういうことです」といって「かんばん」を読みます。

 つまり、相手は自然と毎ページの「かんばん」に注意を集中することになります。つまり、「ちゃんと企画書を読んでくれなさそうな相手」をこちらのペースに引き込むのに使えるわけです。

ページレイアウトにも統一感

 「かんばん方式」には、もうひとつの利点があります。ページレイアウトに統一感ができるのです。何となく、デザインがまとまらない、パッとしないと思うときは、各ページに使ってみてください。

 「かんばん」はページの下部だけでなく、上部に配置して「このスライド(ページ)で言わんとすることはこういうことです」と、先出しする手もあるかも知れません。しかし、プレゼンの実戦では「それでは、このページでお伝えしたかったことは、ひと言で言えばこういうことです」と、毎ページごとにまとめてあげる(フリをする)方が効果的だと思います。

「かんばん方式」のまとめ
  1. 毎スライド(ページ)の下部に「かんばん」を配置
  2. そのページで伝えたいことをまとめて記入
  3. ページレイアウトにも統一感がもたらされる

 



著者プロフィール

  • 藤木 俊明(フジキ トシアキ)

    早稲田大学教育学部卒業(広末涼子やハンカチ王子の遠い先輩)。リクルート、ぴあを経て、現有限会社ガーデンシティ・プランニング代表取締役/明治大学リバティアカデミー講師。 プレゼンツールの制作に定評があり、講演、セミナー活動の他、下記の著書を出版。とくに「明日のプレゼンで使える企画書・提案書のつくりか...

バックナンバー

連載:時間がない人に贈る“スグ作れてスイスイ通る”企画書作成術

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5