EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

第1回 XenServer 5.0を使用したサーバの仮想化

  2008/12/16 09:00

2. 仮想環境の管理

 データセンターで本格的に仮想化を導入すると、様々な部門やシステムが混在した非常に多くの仮想マシンが乱立することになります。物理マシンであれば、ラック単位に分離したり、サーバにコンピュータ名を直接貼り付けて管理することができますが、仮想環境では目的の仮想マシンを見つけることやグルーピングすることが難しくなります。

 XenServer 5.0ではこのような問題に対応するために検索機能とグルーピング機能を追加しました。検索機能は、文字通り仮想マシンを検索する機能です。通常、仮想マシン名はシステムの名前や部門などを元に命名基準を作成し、それに則った名前で作成されると思います。数百に及ぶ仮想マシンの中から、目的の仮想マシンを見つけ出すのはストレスを感じるものです。

 XenCenterには検索フィールドがあり、そこに探したい仮想マシン名を入力すること、条件を満たす仮想マシンだけが表示されます。なお、部分検索が可能なので、仮想マシン名をフルで入力する必要はありません。

検索フィールドに「os」と入力すると、CentOS 5.2の仮想マシンだけが表示される
検索フィールドに「os」と入力すると、CentOS 5.2の仮想マシンだけが表示される

 XenServerの仮想マシンエンティティにはタグを自由に設定することができます。例えば、社内の部門サーバを仮想化で統合した場合、タグを利用すれば部門ごとにサーバをグルーピングすることができます。

 なお、ビルトインでもOS、ネットワーク、電源状態、XenServer Toolsの有無で検索しグルーピングするための機能を持っています。さらに、起動時間や高可用性保護レベルなどを使ってカスタム検索を行う事も出来ます。

仮想マシンに対して複数タグを設定することができる
仮想マシンに対して複数タグを設定することができる

 これらの機能によりIT管理者は今まで以上に効率的に仮想化環境を管理することが可能となります。


著者プロフィール

バックナンバー

連載:XenServer 5.0を使ってサーバを仮想化する
All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5