SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

直近の人気記事は? ISMS改訂や名古屋港サイバー攻撃、アクセンチュア……

─[vol.732] ──────────────
このメールは翔泳社のメディア・イベント・サービスにご登録いただいた方に
お送りしています。配信の停止は文末をご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人気ランキング(2023-08-21~2023-09-01)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。EnterpriseZine編集部です。
2023年8月21日~9月1日の
人気記事・ニュースランキングをお送りします。

<記事>

●1位 ISMS改訂で追加された「情報削除」の要点とは
   削除タイミングを失って情報漏えいする大手企業も

近年、情報漏えい事件の対象情報に、
本来保有し続ける必要がない情報が含まれていることが問題となっており、
法規制においても
「不要な情報は持ち続けないように」という要求が強まってきています。

その風潮は『ISMS』でも見られ、2022年版の新規格においては、
「情報の削除」という管理策の追加につながっています。その対応策とは?
https://enterprisezine.jp/article/detail/18277?utm_source=enterprisezine_regular_20230904_31293&utm_medium=email&utm_campaign=ezranking0904

●2位 名古屋港サイバー攻撃で揺れる海事産業、なぜ港湾をターゲットに?

名古屋港を標的とした最近のサイバー攻撃は、
海運業界の重要性を示すと同時に、
依然としてランサムウェアの脅威が継続していることを改めて浮き彫りにした。

ここから何を糧としたら良いのか、
Google Cloud Mandiant 脅威インテリジェンス 主席分析官が読み解く。
https://enterprisezine.jp/article/detail/18257?utm_source=enterprisezine_regular_20230904_31293&utm_medium=email&utm_campaign=ezranking0904

●3位 生成AIは経営者の「壁打ち相手」になる:
   アクセンチュア 保科学世氏に聞く「AI活用の新次元」

「現状の生成AIの使い方はもったいない」と
アクセンチュアの保科学世氏は語る。

生成AIと自社の保有するデータを組み合わせ、
複数のAIエンジンを着脱可能にするAIのプラットフォームを活用することで、
企業変革の支援ツールとして活用できるという。

進化した「AI Hubプラットフォーム」の具体的な活用手法を紹介する。
https://enterprisezine.jp/article/detail/18201?utm_source=enterprisezine_regular_20230904_31293&utm_medium=email&utm_campaign=ezranking0904

●4位 OpenELAの誕生で再燃するOracleとRed HatのLinux戦争
   ──真の矛先はIBMか?
2023年8月10日、Rocky Linuxの開発を支援しているCIQとOracle、
SUSEの3社が、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)と互換性のある、
ディストリビューションの開発を促進する業界団体
「Open Enterprise Linux Association (OpenELA)」を設立すると発表した。

これは、2023年6月にRed Hatがソースコードの一般公開をやめて、
顧客に限定したことに対抗するものだ。
https://enterprisezine.jp/article/detail/18284?utm_source=enterprisezine_regular_20230904_31293&utm_medium=email&utm_campaign=ezranking0904

●5位 想定される台湾有事のサイバー攻撃シナリオ
   ──国際法がない中での取り得る対抗措置

近年、米国の軍関係者や政府高官が、
数年以内の中国による台湾への実力行使の可能性に言及している。

一方、中国の習近平国家主席は、台湾問題の解決と統一を歴史的任務と掲げ、
武力行使も否定していない。

2022年のペロシ前米下院議長の訪台に際しては中国による、
より踏み込んだ形での軍事演習に加えて、複数のサイバー攻撃が観測された。

本稿は前記事の後編として、
サイバー攻撃に対して我々が取り得る対抗措置を整理した後、
有事の際のサイバー攻撃シナリオを考える。
https://enterprisezine.jp/article/detail/18248?utm_source=enterprisezine_regular_20230904_31293&utm_medium=email&utm_campaign=ezranking0904

<ニュース>

◆第1位 日本における製造部門の83%がサポート対象外OSを使用か──BlackBerr
y調査
https://enterprisezine.jp/news/detail/18303?utm_source=enterprisezine_regular_20230904_31293&utm_medium=email&utm_campaign=ezranking0904

◆第2位 三洋化成の基幹システムを「SAP S/4HANA」に刷新、NTTデータGSLがシス
テム稼働を支援
https://enterprisezine.jp/news/detail/18321?utm_source=enterprisezine_regular_20230904_31293&utm_medium=email&utm_campaign=ezranking0904

◆第3位 NEC、生成AIを社内セキュリティおよびコンタクトセンター業務で活用へ
 脅威検知業務を約80%削減
https://enterprisezine.jp/news/detail/18314?utm_source=enterprisezine_regular_20230904_31293&utm_medium=email&utm_campaign=ezranking0904

◆第4位 カプコン、「ストリートファイター6」にGoogle Cloud採用 新たなパー
トナーシップ発表
https://enterprisezine.jp/news/detail/18300?utm_source=enterprisezine_regular_20230904_31293&utm_medium=email&utm_campaign=ezranking0904

◆第5位 2年以内にセキュリティ人材を280名育成、サイバーリーズンがアウトソ
ーシングテクノロジーと協力
https://enterprisezine.jp/news/detail/18268?utm_source=enterprisezine_regular_20230904_31293&utm_medium=email&utm_campaign=ezranking0904

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの配信停止はこちらからお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/ez?token=&utm_source=31293&utm_medium=email

配信先の変更はこちらから(ログインが必要です)。
https://shoeisha.jp/users/account?utm_source=enterprisezine_regular_20230904_31293&utm_medium=email&utm_campaign=ezranking0904

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/ez/
 へご連絡ください。
発行:株式会社翔泳社 EnterpriseZine編集部
(c)2006 SHOEISHA. All rights reserved.

Job Board

AD

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング