SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

直近の人気記事は? MS365 Copilot、経産省「2023年版ものづくり白書」……

─[vol.738] ──────────────
このメールは翔泳社のメディア・イベント・サービスにご登録いただいた方に
お送りしています。配信の停止は文末をご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人気ランキング(2023-09-18~2023-09-29)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。EnterpriseZine編集部です。
2023年9月18日~9月29日の
人気記事・ニュースランキングをお送りします。

<記事>

●1位 マイクロソフト西脇氏の生成AIファースト仕事術:Microsoft 365 Copilot
で仕事はこう変わる

マイクロソフトが今年3月に発表したMicrosoft 365 Copilotは大規模言語モデルの
力とMicrosoft 365のアプリケーション内で得られるデータを組み合わせて、
ユーザーの作業を支援するものだ。日本マイクロソフト 業務執行役員 エバンジェ
リストの西脇資哲氏にその活用の方法について聞いた。
https://enterprisezine.jp/article/detail/18401?utm_source=enterprisezine_regular_20231002_31305&utm_medium=email&utm_campaign=ezrank1002

●2位 経済産業省「2023年版ものづくり白書」の要点と「スマート製造」実現のた
めの必須条件とは

2023年9月6日、一般財団法人エンジニアリング協会(ENAA)は、「スマート製造へ
の道のり~デジタル・ロボット・サプライチェーン」をテーマに掲げ、3回目とな
る技術シンポジウムを開催した。近年、製造業は脱炭素への対応を背景に、製造プ
ロセスのデジタル変革が急務となっている。スマート工場を実現するには何が必要
になるのか。本稿では、協会内のスマート工場研究会の活動内容から、日本の製造
業のMES/MOS導入における課題を探る。
https://enterprisezine.jp/article/detail/18423?utm_source=enterprisezine_regular_20231002_31305&utm_medium=email&utm_campaign=ezrank1002

●3位 ベストプラクティスが確立していない「生成AIの社内導入」、今だからこそ
問われる情シスの真価

直近の生成AIの台頭により、企業におけるAI開発・活用はその様相が大きく変わっ
てきている。生成AIの社内導入黎明期において、他企業に先んじて競争優位性を獲
得できるか否か、またその先の成長曲線を大きく描けるかは、情報システム部門の
動き方や貢献が大きなカギを握る。そこで本稿では、情報システム部門変革の一助
なることを目指し、生成AI黎明期において同部門に求められる役割を解説する。
https://enterprisezine.jp/article/detail/18414?utm_source=enterprisezine_regular_20231002_31305&utm_medium=email&utm_campaign=ezrank1002

●4位 迫る生成AI時代、情シスが「御用聞き」から「課題解決」に進化できる
ビッグチャンスを活かすには

生成AIの活用に関心を持つ企業が増えている。生成AIの社内導入において、これま
で「御用聞き」型だった情報システム部門は、業務部門を横断した「課題解決」型
に進化できる大きなチャンスでもある。ぜひこの機会に同部門そのものを変革する
取り組みを進めてほしい。
https://enterprisezine.jp/article/detail/18415?utm_source=enterprisezine_regular_20231002_31305&utm_medium=email&utm_campaign=ezrank1002

●5位 【日本IBM報告】日本のセキュリティ被害額平均が過去最高を更新──
製造業の海外拠点もターゲットに

日本IBMは2023年9月11日、企業の情報セキュリティインシデントに関する調査レ
ポート「2023年データ侵害のコストに関する調査レポート」についての説明会を開
催した。同社のセキュリティエキスパートが解説に立った同説明会では、日本にお
けるデータ侵害の被害額が円換算で過去最高を更新し、製造業の海外拠点を狙った
攻撃が広がっていることなどが報告された。
https://enterprisezine.jp/article/detail/18471?utm_source=enterprisezine_regular_20231002_31305&utm_medium=email&utm_campaign=ezrank1002

<ニュース>

◆第1位 Salesforce、20万台以上のシステムをCentOSから「RHEL9」へ移行 ITOps
変革へ
https://enterprisezine.jp/news/detail/18448?utm_source=enterprisezine_regular_20231002_31305&utm_medium=email&utm_campaign=ezrank1002

◆第2位 富士通、首都圏オフィスを縮小へ 生産性向上に向けて働き方を可視化
https://enterprisezine.jp/news/detail/18468?utm_source=enterprisezine_regular_20231002_31305&utm_medium=email&utm_campaign=ezrank1002

◆第3位 カスペルスキー、Linuxベースの組み込み機器向けセキュリティアプリ
ケーションを提供
https://enterprisezine.jp/news/detail/18493?utm_source=enterprisezine_regular_20231002_31305&utm_medium=email&utm_campaign=ezrank1002

◆第4位 日立、三井E&S、三井倉庫の3社、AIを活用し港湾のターミナル運営効率化
する技術開発に着手トナーシップ発表
https://enterprisezine.jp/news/detail/18495?utm_source=enterprisezine_regular_20231002_31305&utm_medium=email&utm_campaign=ezrank1002

◆第5位 DNP、メタバース空間でのサイバー演習サービスを提供へ 名和利男氏が
シナリオ監修
https://enterprisezine.jp/news/detail/18491?utm_source=enterprisezine_regular_20231002_31305&utm_medium=email&utm_campaign=ezrank1002

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの配信停止はこちらからお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/ez?token=&utm_source=31305&utm_medium=email

配信先の変更はこちらから(ログインが必要です)。
https://shoeisha.jp/users/account

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/ez/
 へご連絡ください。
発行:株式会社翔泳社 EnterpriseZine編集部
(c)2006 SHOEISHA. All rights reserved.

Job Board

AD

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング