SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

PwCコンサルティングと日本ヒューレット・パッカード、ビジネス戦略およびITトランスフォーメーション事業で協業

 今回の協業では、PwCコンサルティングの経営戦略策定および業務改革支援などのコンサルティングサービスと日本ヒューレット・パッカードのIT トランスフォーメンションサービスを組み合わせ、企業が抱える経営・業務課題の解決に向けて、構想策定から定着までを一貫して支援するという。なお、このサービスはPwCとヒューレット パッカード エンタープライズによるグローバルアライアンス活動の一環になるという。

 協業による主な提供サービスは次のとおり。

1. 働き方改革支援

 PwCコンサルティングでは、生産性を向上させ意義ある働き方改革を推進するための組織設計、人事戦略・制度設計、IT化アセスメント・構想策定を支援する。加えて、新しい働き方を実践するワークプレイスデザインからセキュリティおよびテレワーク環境を実現するインフラコンサルティングサービスを提供する。

 日本ヒューレット・パッカードは、セキュアなネットワーク環境を実現するWirelessソリューションHPE Arubaと、マイクロソフト社が提供するOffice365、Windows10を組み合わせWorkplace環境の構築から運用までのITトランスフォーメーションを提供する。また、本社オフィスツアーを開催し、自社の働き方改革の取り組み事例も紹介する。

2. 次期アーキテクチャ策定・構築支援

 PwCコンサルティングでは、次世代IT基盤構想策定サービスとして、IT基盤コスト構造改革支援、クラウド移行支援、ハイブリッドクラウド化支援を主軸としたコンサルティングサービスを提供。

 ・IT基盤コスト構造改革支援では、ITインフラのコスト構造分析から改善に向けたロードマップを作成し、コスト構造を見直し新規IT投資を実現するためのプランニングを行う。

 ・クラウド移行支援では、システムの精査を行い、クラウド適性の高いシステムの把握、クラウドサービスの評価(クラウドベンダー評価)やクラウド移行プランの策定、コスト効果の確認を行う。

 ・ハイブリッドクラウド化支援では、クラウドとオンプレミスの適切な組み合わせを柔軟に選択できるハイブリッドクラウド環境の提供と利活用プランの策定を行う。

 日本ヒューレット・パッカードは企業が従来オンプレミスで保有するハードウェアやソフトウェアをクラウドのように利用量に基づいた課金制で利用可能とするフレキシブルキャパシティというサービスを提供し、企業のキャッシュアウトの適正化、迅速なスケールアップ、利用量課金、オンプレミスかつ安定継続稼働可能な環境を実現。

 加えて、マルチベンダーサポートにより、複数ベンダーの製品保守を統合・一括し既存環境の保守サポート費用の削減に貢献する。これらのサービスを組み合わせることでさらに効果的なTCO削減を実現し、より戦略的なIT投資をサポート。

3. Microsoft Azure Stackソリューション

 PwCコンサルティングでは、Azure Stackの検討段階から支援を行い、プラットフォームの改善に役立つインプットと専門知識を提供。

 日本ヒューレット・パッカードはマイクロソフト社が認定したグローバルのMicrosoft Azure Stackのソリューションプロバイダーであり、Azure Stack環境の製品提供ならびに構築を支援。

 上記3つの戦略的協業に加え、テクノロジーコンサルティングの分野においては互いの能力を補完し、強みを発揮できるようなプロジェクトフォーメーションを組み、顧客開拓および導入プロジェクトを提供していくとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10193 2017/12/12 15:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング