SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

国際産業技術とクラウディアン、オブジェクトストレージ製品「HYPERSTORE」導入済みアプライアンスを提供

 「HYPERSTORE」は、スモールスタートが可能で、データ量の増加とともにノードを追加するだけで、ペタバイト級を超えてスケールアウトできるという特徴を持つデータストレージ製品。KSGとクラウディアンでは、次のような製品を提供するという。

 1. オブジェクトストレージスターターキット「Cloudian Readyアプライアンス」:「HYPERSTORE」導入済みの富士通社のIAサーバPRIMERGYと、L2スイッチを組み合わせて提供

 2. 自動タグ付け機能付き次世代画像・映像アーカイブサーバ:「HYPERSTORE」とデータクック社のJetFileアプライアンスを組み合わせて提供

 発表では、企業内ITにおいては、処理性能、コンプライアンス、経済性といった課題等から、全てのデータをパブリッククラウドで処理し保存するよりも、クラウドとオンプレミスを最適に使い分けるハイブリッドクラウドが主流になるとしている。

 「HYPERSTORE」でAmazon S3と同等のクラウドストレージをオンプレミスに構築することで、AWS、Google Cloud Platform、Microsoft Azure等にポリシーベースで自動的にデータを転送し階層化するハイブリッドクラウドを実現できる。また、「HYPERSTORE」に保存したデータを、階層先のパブリッククラウドそれぞれのAPIで読み出せるマルチクラウドにも対応できるという。

 特に、このたび発表したKSGが提供するオブジェクトストレージスターターキット「Cloudian Readyアプライアンス」は、低価格のラインアップを揃えており、「HYPERSTORE」によるオンプレミス・ストレージ、ハイブリッドクラウド、マルチクラウドをの初期コストを最小化して導入できるという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10437 2018/02/27 16:45

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング