SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Dell EMC、中堅・中小企業や大企業のリモートオフィス向けデータ保護ストレージ「Data Domain DD3300」を発表

 「DD3300」は、エントリーレベルのシステムで初めてクラウド対応によって最新鋭のデータ保護を実現するモデルで、エンタープライズクラス機能を維持したまま、特に中堅・中小企業および大企業のリモートオフィスやブランチオフィスなどのIT環境のニーズに合わせて設計された保護ストレージだという。

 既存ユーザーは、従来の「Data Domain」システムの技術的性能をアップデートすることができる。「DD3300」は、同レンジの前世代モデル「DD2200」と比べて、1.5倍のパフォーマンス、5.6倍のスケーラビリティを提供するという。

「DD3300」の主な特徴

 ・シンプルかつ高機能

 「DD3300」は、目的特化型で、業界をリードするバックアップ、アーカイブ、災害復旧(DR)、クラウドへのデータ階層化機能を提供し、迅速かつ簡単でコスト効率に優れたデータ保護を可能にする。重複排除機能も実装しており、平均10~55倍ものデータ削減を実現。これによって保護ストレージの要件が飛躍的に軽減され、拡張性とレプリケーションにおけるWAN帯域幅の大幅な節減が可能になる。

 「DD3300」上のデータは、Dell EMCの高度なデータ検証と暗号化機能によって継続して保護・保全されるだけでなく、「Data Domain」が従来から提供するエンタープライズ アプリケーションとネイティブ アプリケーションの幅広いエコシステムも同モデルで同じく享受できる。

 ・クラウド対応

 「DD3300」に実装された「Data Domain Cloud Tier」により、中堅・中小企業およびリモートオフィスやブランチオフィス、部門レベルのIT部門は、「Data Domain」を活用したデータ長期保管におけるクラウド利用環境を確立できる。また、「Data Domain Cloud Tier」のシームレスな統合性およびAPIの拡張性によって、自動的かつ効率的なデータ移動を提供。

 さらに、「Data Domain Cloud DR(DD CDR)」もサポートしているので、大企業はオンプレミスの「Data Domain」および「Dell EMC Avamar」環境からバックアップした仮想マシン(VM)のコピー先と有事の復旧先に、パブリック クラウドを利用することができる。「DD CDR」を使用して、災害発生時に向けた準備や災害発生時のクラウドへのフェイルオーバー、災害発生後のクラウド ワークロードのフェイルバックなどのDRテストを行うこともできる。

 ・マルチサイトの拡張性

 「DD3300」は、リモート オフィスから中央データセンターへの高速でネットワーク 効率に優れた暗号化レプリケーションを実現する「Data Domain Replicator」を通じて、シンプルでスムーズな拡張を実現。また、Dell EMCは、導入企業にとって柔軟な3つのモデル(4TB、16TB、32TB)の購入オプションを用意している。アップグレードも容易なため、導入後もニーズに合わせて容量を拡張することができる。「Data Domain Cloud Tier」も同様の柔軟性を備えており、1TB単位での容量拡張が可能。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10457 2018/03/05 15:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング