SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アジュールパワー、閉域網「クラウドゲートウェイ クロスコネクト」を利用した「ファイル共有サービス」を提供開始

 広帯域光ファイバー閉域ネットワークを利用することでセキュアに、快適にパブリッククラウドを利用。ソフトウェア、ハードウェア資産を持たずに月額の利用料だけで、企業情報システム基盤を短期に構築でき、バックアップ、監視、ウイルス対策、障害対応など、これまでオンプレミス環境に費やしていた管理業務コストを大幅に軽減することができるとしている。

 ■「ファイル共有サービス」

  1. 広帯域光ファイバー閉域ネットワークで実現するセキュアで快適なファイル共有環境。
  2. パブリッククラウドを活用。初期費用300,000円、月額費用79,800円~と低価格化を実現。
  3. PCのエクスプローラーを利用するため、ドラッグ&ドロップで直感的な操作感を実現。
  4. Active Directoryを活用したファイル・フォルダーのアクセス権管理が可能。
  5. バックアップ、監視、ウイルス対策業務をアウトソース。管理業務を軽減。
  6. データは東日本、西日本のデータセンターへ保存。BCP対策(事業継続対策)も万全。
  7. 24時間365日の障害受付・初期対応サービスにより高可用性を実現。
  8. サーバー・ソフトウェア資産不要でIT資産のオフバランス化が可能。
  9. 社内IPアドレスを使えるため、他の社内サーバーをクラウド上へ簡単に移行可能。

 ■サービス概要

 ・セキュアな接続+大容量通信を行うため閉域ネットワークサービス「クラウドゲートウェイ クロスコネクト」をネットワークとして利用し、パブリッククラウドをセキュアに利用できる環境を構築。

 ・官公庁・金融機関などでも、そのセキュリティ性、経済性が認められ導入が進むAzure上にファイルサーバー・認証基盤を構築。

 ・バックアップ、ウィルス対策、24時間365日の監視、障害時の初期対応といった運用業務をアウトソースでき、管理業務から解放される。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10470 2018/03/07 15:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング