SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

JSOL、インフォテリアのASTERIA WARPとintra-martを接続する「intra-martアダプター」を発表

 「intra-martアダプター」を利用することで、EAI/ESB製品の連携ミドルウェアである ASTERIAシリーズのASTERIA WARPとintra-mart間において、データの連携をノンコーディングで実現し、開発生産性の向上を図ることが可能になるという。

「intra-martアダプター」によるASTERIA WARPとintra-martの連携イメージ

 intra-martは、基幹系や各種業務システムなど、分散して構築されていたシステムを統合するシステム共通基盤として多く採用されているが、その際、エンドユーザーには接続先の各既存システム・サービスの仕様に応じたAPIの知識が求められ、個別開発にも相応の工数が必要とされている。

 「intra‐martアダプター」は、intra-martとASTERIA WARP間のデータ連携をノンコーディングで可能とするため、ASTERIA WARPから、intra-martの各機能(IM-BPM、IM-Workflow、ユーザーマスターなど)に迅速に連携できる。また、ASTERIA WARPの既存アダプター群も利用することで、intra‐martと外部システムとの連携に柔軟に対応できるため、開発期間の短縮や開発コストの削減に大きく貢献するとしている。

アダプター提供機能

 今後は、intra-martが提供する豊富なアプリケーション(BPM、RPAなど)とのさらなる連携強化を簡単に実現する、各種コンポーネントの追加を予定しているという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10740 2018/05/18 15:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング