Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ベリタス、Office 365環境に最適化したSaaS型データ保護・情報ガバナンスソリューションを発表

  2018/05/31 16:30

 ベリタステクノロジーズは、Microsoft Office 365環境のデータ保護と情報ガバナンスの新しいソリューション「Veritas Data Protection and Governance for Microsoft Office 365 」を発表した。このソリューションは、SaaS(Software as a Service)を基盤としており、迅速な導入と高い利便性を実現し、Office 365データを必要な時に必要な場所で分析、電子情報開示(eDiscovery)、リカバリできるエンタープライズクラスのデータ管理機能を提供するという。

 「Data Protection and Governance for Microsoft Office 365」ソリューションを導入すれば、企業の規模を問わず、Office 365環境のデータ保護とガバナンスを自動化して、エンタープライズクラスのデータ管理体制を確立できるという。また、拡張性に優れているため、Microsoft Exchange Online、OneDrive、SharePoint Online、Skype for Business、Microsoft Teams、Yammerを含むOffice 365エコシステムを一元的に管理することもできる。

 新ソリューションを構成する各製品の特徴は次のとおり。

 ・Veritas SaaS Backup:クラウド間バックアップ/リカバリ

 Office 365のあらゆるデータのバックアップ、検索、リストア機能を1つのユーザーインターフェースにまとめた統合データ保護ソリューション。3ステップの簡単な設定手順を実行するだけで、いつでもどこでも、どのデバイスからでもOffice 365データにすばやくアクセスできる。また、複数のリストアオプションを利用できるため(直接ダウンロード、インプレースリストア、アカウント全体の復元、アカウントデータの移行など)、円滑なリカバリが可能。

 ・Veritas Enterprise Vault.cloud:データアーカイブと電子情報開示を可能にする

 HIPAA(医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律)や、GDPR(一般データ保護規則)などの厳しい法規制要件に対応するソリューション。Exchange Online、OneDrive、Skype for Business、Yammerのジャーナリングをサポートし、あらゆるコンテンツの改ざんを防止するリポジトリを提供して、データ削除や証拠保全(Chain of Custody)違反のリスクを軽減する。また、インタラクティブ検索などの高度な電子情報開示(eDiscovery)機能により、文書レビュープロセスを効率化することもできる。

 ・Veritas Information Map:ファイルの属性や使用状況をリアルタイムに可視化

 Office 365エコシステムで保存される非構造化データをリアルタイムに表示するソフトウェア。SharePointやOneDriveに保存されたデータを詳しく理解することで、各データを保持、移行、削除すべきかどうかを、組織はより適切に判断し、情報リスクを軽減できる。また、ファイル拡張子に関する情報を収集して、ランサムウェア攻撃や不審なファイルの迅速な検出に役立てることもできる。これらの機能により、管理者は、必要なあらゆる情報にすばやくアクセスして、Office 365環境を最大限に保護できる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5