SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

RPAを導入するには何を理解すればいいのか?『絵で見てわかる RPAの仕組み』発売

 『絵で見てわかる RPAの仕組み』は、昨今注目が集まるRPAについて一から丁寧に解説した入門書です。

 コスト削減や働き方改革、労働力不足の解消など、RPAに期待が集まる理由は多岐にわたります。全社や部門で実際に導入されている企業はまだ少ない状況ですが、導入に向けて検討を進めている企業が増えています。

 導入に向けてはRPAの専門的な知識を持つ人材の不足や、どんな仕組みで何ができるのかという基本的な知識が社内で共有されていないことが課題として挙げられます。そこで本書では、RPAの形態や構成要素、代表的なRPA製品の特徴や近しい技術について紹介。ロボット開発やシステム開発についても解説しました。

 運用管理やセキュリティなど気がかりな点もカバーしているので、RPAに関心を持った最初に読むべき本としてお勧めです。

目次

第1章 RPAの基本
第2章 RPAの動向とその効果
第3章 RPAの製品知識
第4章 RPAに近い技術
第5章 ソフトウェアとしてのRPA
第6章 ロボット開発
第7章 業務と操作の可視化
第8章 ユーザー要求とシステム開発
第9章 RPAの導入プロセス
第10章 運用管理とセキュリティ

絵で見てわかる RPAの仕組み

Amazon SEshop その他


絵で見てわかる RPAの仕組み

著者:西村泰洋
発売日:2018年8月10日(金)
価格:2,786円(税込)

本書について

本書では、RPAの導入形態、構成要素、構造から、ロボット開発、システム開発、導入プロセス、運用管理とセキュリティ、類似・補完技術まで、RPAの「仕組み」のすべてが絵を見ていちから理解できます。

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/11004 2018/08/10 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング